2007年7月18日水曜日

たしかなこと

明治安田生命のCMで、小田和正の「たしかなこと」のフレーズが使用されているのだけど、
なんだか、考えさせられる。



時をこえて

君を愛せるか

本当に君を

守れるか

空を見て考えてた

君のために今

なにができるか

忘れないで、どんなときも

きっとそばにいるから



今年、いろいろと守らないとならないものが増えた。
それに、今まで守ってもらっていた人が、将来守らないといけなくなることも
将来的なことを考えれば考えるほど実感が沸いてくる。

今、天寿を全うせんとしている祖母を親父が見る目は、
言葉には出来ない感情に満ちていた。

守るべきもののために今なにが出来るのか。
そんなことを考えると、まだまだ俺には足りないものだらけだと思う。

一昨年、学生の頃にはまだまだ先と思っていたことが、
実はすぐそこにあったんだと思い知らされた。


出来ることから、ガツガツ進めていかないとなー。

2007年6月15日金曜日

デュアルディスプレイ


デスクトップ晒し。

ってことでデュアルディスプレイにしてみました。1280×1024が二個っていう広大なデスクトップになりました。
これで、ニコニコ動画見ながらネットサーフィンにラグナロクと、もう何でもありな快適ネット生活が!!!!!!!

グラボが貧弱なのが不安です・・・。
まぁ、PCはクアッドのまともなのが安くなったら買うとしよぅ。来年の今頃かの~。

うぐ・・・処理が重めだ・・・。

2007年5月22日火曜日

隣の芝生




結婚式に行って撮った写真が喜ばれたわけです。




やっぱ自分で作ったものが褒められるっていうのは気分がいいものですな。




人を撮る写真は二種類あると思うんですよ。


ポーズをとるのととらないの。


グラビアとか記念写真とかはポーズをとるけど、


運動会の写真とかってポーズはとらないと思うんだよね。




俺は後者が好き。


写真ってのは、ある時間のある平面に当たる光を記録するものなわけです。




俺の心がけてるのは、隣の芝生を青く撮ること。




人ってのは、自分が過ごしてる時間と空間を平凡と感じる性質でもあるのか、


日常に無感動だったりするんだけど、


ちょっと離れて見ると、その人のいる空間は非常に素敵なものだったりするんです。




それを写真を見せたときに感じてくれたらいいなと思って撮ったりします。

っつーかまじ、お嫁さんきれいでした。

2007年5月12日土曜日

やっと週末だぜ

旅行中以外で一週間家でPCを起動しなかったのはたぶん高校生以来なんじゃないかっていうくらい忙しかった感じです。まぁでも退屈ではなかったから良かったかなっ。

ってわけで今日は職場の方々と軽く飲みだったんだけど、店がさっぱり開いてなくてラーメンを野外で食いました。たまにはこんなのもいいね。


んで、ほろ酔いで帰宅途中、こんなことが脳に自動で考えてたんでOUTPUT。


他者の気持ちを完璧に理解するってのは不可能だよね。

「私の気持ちなんて、あんたに分かるわけないじゃない!」
とはよく言ったもんで、全くもって正しい。

気持ちなんてものはその人の主観そのもの。
しかも、この前ブログに書いた「イデア」のように共通的な観念はあっても
個人個人の感覚はそれぞれに差異があるし、変動もする。
そんなものを十全完璧に理解することなんざ無理無理みたいな。

ってことを踏まえてこんなことを思いつきました。

人の気持ちって数学的には無理数みたいな感じじゃないかと思ったんですよ。
例えばπとか√2とか。

3.141592・・・・
まぁそこまでしか知らないわけですが。
そういえばゆとり教育じゃπ=3でしたね。

例えばその人の気持ちがπだったとすると、俺は3.141592までは予想がついても、
それ以下の部分については理解し得てないわけです。
でも、自分の中ではそこまで把握出来てれば十分だと思ってて、
時には、「その気持ちよくわかるわぁ~」とかほざいちゃうわけですね。

でも、実は自分では3.14159265くらいまで分かってるつもりでゆとらーレベルしか分かってなかったりすることもあるわけですな。

まぁそれがπならまだしも、√2だと、 1.41421356・・・なのに、1しか分かってなかったりすることもあると思うんですよ。

πが「楽しい」で、√2 「好き」と仮定するとそんな感じ?





まぁ別に落ちとかはないです。

2007年4月26日木曜日

計算しちゃいけないことを。

計算しちゃった。

通勤時間。


60歳まで東京に通うとすると、一日通勤時間が往復で平均2時間とすれば・・・・
こんなデータが得られました。

・60歳までの約2年間は通勤時間です。
・社会人生活の5.5%は通勤時間で、起きている時間の8.3%は通勤時間です。
・1時間に60ページ本を読めるとすると、300ページの本が3400冊読めます。


なんか最近色々めんどくさい。

2007年4月24日火曜日

四周年

すでに日課になった涼宮ハルヒの○○を読みながら帰路についてたんですが、乗り換えで駅に降りたら、いきなりおっさんとステューシーのTシャツ着たにーちゃんが取っ組み合い。

駅員が止めにかかってるんだけど、おいおい、おっさんグーでにーちゃんの顔狙ってるよwww

まぁ、駅員一人じゃ大変そうなので止めに。
素人のパンチって遅いんですね・・・。余裕で止まります。

幼馴染のパンチ(パンチングマシーンとか大体1位)が普通だと思ってたもんだから、逆にびびりました。

止まって見える。


まぁ、混んでる電車でぶつかったぶつからないとかそんなんだったらしいが、ちょっと血が出てて痛そうだった。

よく見てなかったからあれなのだが、顔つきを見た感じだと、たぶん若造が携帯でもいじってておっさんによっかかってて、しかも降りるときも妨害したんだろう。おっさんはたぶんちょこちょこプレッシャー掛けてたんだろうが、若造は俺最強系なのでそんなことを気にも留めないのが気に食わなかったんだろう。仕事でむかつくことでもあったのかもしれんが、降りるときの妨害でぷっつん。

思うに、年齢による落ち着きを計算に入れれば、最近の無感動な若者よりもおっさんのが切れやすいんじゃないだろうか。
この前も駅で切れてるのおっさんだったし。

まぁ、さすが涼宮さんと言った所で、非日常を味わってきました。



まぁそんなことはどうでもいい。

かれこれ、嫁と付き合い始めて4年が経ちました。

喧嘩の数は三桁には乗っていると思われるわけですが、喧嘩するほどなんとやらってのは本当かもしれませんね。

ってわけで、今日は寿司食ってケーキ食って花束あげました。
今年から結婚記念日と子供の誕生日がさらに記念日に追加されるわけですが、今日の日付を忘れないようにしないとな・・・。

2007年4月23日月曜日

俺たち・・もうだめなのかな・・・・


っていう顔でぺこちゃんとぽこちゃんがうな垂れてた。
ご存知の通りの不祥事で商売あがったりらしい不二家ですが、某ファミレスとかだって似たようなもんって知ってるし、どこのチェーン店も多かれ少なかれやっちゃってる。
現時点での不二家は、逆に考えれば比較的安全だと思われるわけで、空いてる分クオリティーも上がっててなかなか良かった。
がんばれぺこちゃん!

2007年4月20日金曜日

ふん。


「ふん」



うちの、正確には実家の愛犬「ひな」の口癖だ。
もううちに来て5年ほどになるミニチュアダックスの彼女は、すっかり我が家のアイドルの位置をほしいままにしている。
あまりにもかわいいので、飛び回って遊びたがっているところを無理くり添い寝させると、最初はもぞもぞと嫌がっているのだが、ちょっとすると「ふん」と言って、目をぱちくりさせながら、
「しょうがないわね・・・」
と言わんばかりの顔をして俺の腕に頭を降ろす。その仕草が超かわいくて、いっつも実家から拉致監禁。
ただ、うちのひなはアイドルなので、外でトイレをしない。
散歩ですらしない。
まったく、彼女のアイドル精神には感服させられるばかりだ。
加護ちゃんにも是非見習っていただきたいが、手遅r(ry


ま、ひなは、うちの、いわゆる一つの萌え要素ってやつなわけですが、最近涼宮ハルヒの憂鬱っていうアキバ系なアニメ及び単行本にハマってたりするんですよね。
アニメのクオリティがすごいとか、単行本の文章の書き方が新鮮だとかは自明として、とりあえず主人公のキョンがいい。あの無駄な薀蓄とポーカーフェイス具合がたまらない。


でも、電車内で挿絵が恥ずかしいんですが、どうにかならないですかね?


2007年4月18日水曜日

バンビ~ノ!

バンビ~ノ!が今日からテレビで始まりました。
ビックコミックスピリッツの人気漫画で、六本木の有名イタリアン料理店を舞台にした飲食漫画。
偶然にも連載の初回から読み続けてて、単行本も全部持ってたり。

ドラマ版を見てみると、結構はまり役が多い。与那嶺さんとかみゆきさんとかいいね。

演技臭いのがアレだが、エンターテイメントとして見るとなかなか面白いかな。



キッチンで料理を作っている場面を見て思ったのだが、飲食業のルーチンワークってやっぱり面白い。
オーダーによって変化するTODOを即座に最適にスケジューリングし、実行しつつ、様々な状況に目を配り、さらに他のメンバーのルーチンと自分のルーチンを絡み合わせながら実行する。
さらにアドリブでエラーに対応も行う。


最近、職業病か、プログラムにしたらーとか考えるんだけど、こんなんをプログラムにしたらものっそい巨大で複雑なのが出来るだろう。たぶんバグだらけになるだろうし、完璧に出来たとしても糞重そうだなー。とか思うわけですな。

それを瞬時にやっちゃう人間ってすごいかもしらんとか思うわけです。

つーか、イタリアン食いたい。

kumon

子供が生まれたら、なに習わせようとか最近良く思ったりするで、とりあえず、自分はなに習い事したかなって思い起こしてみると、結構やってる。ちょいと書き出してみよう。出来るだけ時系列。

・プール

1年くらいで辞めましたね。いまだにカナヅチなんだけど。

・ピアノ

これも1年くらい?ドレミファソラシドは弾けたと思うんだが。

・器械運動

まじ、苦手。素質が無いんです。

・習字

5年くらい続いたと思う。これは良かった。字はいまだにうまくないけど、集中力がついたね。

・公文

2年くらいかな?塾に行く前までやってました。
もっとやっておけばよかったとすげぇ思う。これは役に立つ。

・剣道

半年くらい?防具付ける前に辞めました。ふつう。スポチャンのが面白い。

・進学塾

まぁ普通に行ってました。家で勉強しなかったのでこれが無かったらやばかったな。だけど、逆に家で勉強しなくなった感もある。


まぁ、こんなもんすかね。

そんなかで役に立ったと言えば公文と習字かな~。
集中力の脳の回転の速さってのは重要だと思うんですよ。

ってわけで、公文を調べてみたんですが、3歳以下からでも始められるとか。算数・数学の最終的なゴールは高校数学で、微分積分。

小学生のうちに微分積分まで出来るようにしたいな(無理過ぎ)

ってわけで、うちの嫁に積分を教えてみたんですが、気持ち悪いとか言って吐きそうな顔してました。

今度はプログラムのフロー図でも教えてみようかと思います。


まぁ、そんなことは置いといて、小さい頃に覚えておきたかったことを考えると、音楽と格闘技が思い浮かびます。

音楽は歌がギターかピアノあたりがいいな。
理由は僕が好きな音だから。

格闘技は特に女の子が生まれたら教えたいわけです。
打撃系がいいなぁ。

後は茶道、華道、書道はとりあえずマスターさせないとな。

ぐへへへぇ

2007年4月17日火曜日

w

某マイミクが、挨拶にwを付けられるとなんか萎えるって言ってたんですが、wについてブログを書いてみようと思うわけです。

まず、wを知らない人に軽く説明すると、超簡単に言うと(笑)みたいなもんなんだけど、もっと馬鹿にしたというか嘲うっていう要素が多い感じだ。2chとかでよく使われます。

最近は一般人にも浸透してきて、メールとかでwを付けて出しても大体通じてくれますが、昔はよく「wって何の略?」とか聞かれたもんです。

試しにgoogleで「wwwwww」を検索すると、こんな感じ。

ラグナロクオンライン上では、「逆毛」という名で通っているネット隠語のようなものです。

では、共通意識の中での「w」ってどんなものなんだ。と、仕事中にそんなくっだらないことを考えてました。


これを語るにはまず、「イデア論」について話さなければなりません。

Wikipediaには難しく書いてあるので、ちょいと例えを。


ここにリンゴがあります。
あなたが見ても、私が見てもそれはリンゴです。
つまり、私が頭の中で構築しているリンゴのイメージと、あなたが構築しているリンゴのイメージには共通点があると言えるのではないでしょうか?

そして、すべての人間のリンゴのイメージの共通部分がイデアっていう風にプラトンだか誰だかが定義したんだそうです。

では、「w」のイデアとはどんなものなのか。
まず、問題になるのは、「w」には実物が存在しませんし、物質や事象として想像が出来ません。
せいぜい想像できるとしても嘲ってる顔とかそんなんでしょう。
つまり、「w」にはイデアが確立されていないと言えるでしょう。

この現象は新しい言葉、特にネット語にはよくある現象だと言えるでしょう。

その様な言葉は、共通の認識が小さい、またはそれ自体存在せず、個々の認識に意味が委ねられるため、容易にコミュニケーションギャップの原因となります。

なので、「ごめんw(訳:ごめんよ。)」とか言っちゃうと、人によっては「ごめん(ププっ馬鹿が)」くらいな感じに思うわけです。

ってわけで、ネット隠語は用法用量をきちんと守ってお使いくださいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ちなみに、イデアが存在しないものでよく例に挙げられるのが神。
だから、2chで神って多用されんのかな?
とか妄想中。

2007年4月10日火曜日

バカの壁

「バカの壁」古本で100円。
ベストセラーも少々の時間が過ぎればそんな値段になりますが、中身は普遍です。

これを書いた人はすげぇ頭がいいらしく、通常の人間よりも論理的で多面的な視点で自分の主観を説得力たっぷりに書いているっていう印象。なかなか面白かった。

んで、その本の最後の一遍にこんなようなことが書いてありました。

金(カネ)というのは脳が作り出した創造の産物だ。と。

近年、私たちはお金というものがいかにも実物として存在し、普遍の物質かのように錯覚しているけど、元々お金というのは、信用とかで固められたヴァーチャルなもので、大きくなればなるほど仮想度が増すという特性があります。

例えば最近、株券が電子化されましたが、株の売買なんてのはもう完全なるヴァーチャル世界なんでしょう。

そして、医師である著者はこう言っています。
人間の食欲とか性欲とかは抑制装置が内包されていて、食べたりヤったりすればその欲にはブレーキが掛かる。
しかし、お金とかそういうヴァーチャルなものには本能の抑制は効かず、再現なく欲する。んだそうだ。

だから、ホリエモンとか、なんちゃらファンドみたいな人が登場するのかもしれないな~とか思ったり。

ってわけで、俺はお金をヴァーチャルとして捉えず、現実感のある状態を保っていきたいなって思ったのです。

幸せはプライスレスってことで。

SACD

スーパーオーディオCDっていうのがありまして。
まぁ簡単に言えば音のいいCD。

近頃、MP3とかWMPとかいろんな音源の圧縮方法があって、CDの1/10くらいのデータサイズでそんなに悪くはない(?)音質で録音できるようになったが、やっぱなんかMP3とかって音の広がりがない。
CDと聞き比べると、耳が普通の俺にでも、若干だが違いが分かる。

んで、CDよりさらに音がいいのがSACD。
こんかいノラジョーンズのSACDを買いました。

すげぇ。結構違う。っていうかなんか、ナチュラル。
軽く感動できるレベルだ。もうSACDしか買いたくないかも。


ところで、昨日から学校が始まったみたいで電車が混んでます。
そのうち大学生がサボりだして空くんだけど、それまでは辛抱だな。
地元の駅にも、学校でもらった大盛りの茶封筒を抱えた大学1年生がいっぱいいて、なんかフレッシュな気分と、懐かしくてちょっと切ない気分が入り混じった、そんな気持ちになった。

2007年4月5日木曜日

Midtown



3/30

東京に新しい名所が出来ました。
Tokyo Midtown

ちょいとオープンの日に覗いてきました。







Blossom!というだけあって裏庭には桜。
何処彼処に日本を連想させるものがあって
超高級でオリエンタルといったところ。

きっと六本木に住む外国人や、旅行者がたくさん訪れることだろう。





昼に行ったということもあって、
中高年のリタイア組とか、セレブな奥様が多かった。



入ってる店はもちろんハイセンスなことは言うまでもなく、
東京とか日本とかで初出店の店が多いというフレコミ通り、
正直知ってる店がほとんどない。

そういう意味でも一度行ってみるといいかも。


あとはちょこちょこ撮った写真をどうぞ。
































狂乱



ってわけで、なんだか最近まさに、春眠暁を覚えずといったところで家に帰ったらすぐ寝ちゃったりしてたんですが、今日は寒いのでちょっと起きてたり。





んで、金曜がすごかったんで、遅くなりましたが日記。
実は4月から仕事場が変わりまして、安産の神様の近くになったんですが、30日の金曜日に盛大に送り出していただきました。
見て分かるとおりの超狂乱振り。

一次会は比較的普通だったんだけど、二次会のカラオケが超やばかった。
正直暴れすぎて酔いがめっちゃ回ってよく覚えてないくらいやばかったんだけど、
座らないカラオケは初めてでした。
常にスタンディングで、ワインがボトルで5本開いてた。

帰りに東京のど真ん中で、先輩の奥さんの前で土下座したり先輩を胴上げしたりしてた。頭おかしい。

当然のごとく電車を乗り過ごし、大宮で駅員に起こされて嫁に迎えに来てもらったんだけど、
なんかもうハイテンションが止まらない。車内で暴れ放題。

勢いで実家に乱入しようとしたり、風呂場でヨガやったりした。
布団に入っても暴れまくってた。
こんな酔い方したのは人生で数度しかない気がする。

しかも俺、酔いすぎると寝てから起きるのが早くて6時起床。

腹が減った!とかいって山田うどんでかき揚げ丼セットを賞味して再び寝るのでした。


いやぁ、ほんと皆さんどうもありがとうございました!!
これからもどうぞよろしく!!!!!

2007年3月30日金曜日

ベンツ坂

西麻布にやたらとベンツばっかり通る坂がある。
本名「牛坂」

昼休みによく通るのだが、セレブな奥様どもが、セレブ幼稚園のセレブJrたちを揃いも揃ったベンツで送り迎えしているせいだろう。

お金っていうのは貯まるところには貯まるらしい。

格差社会の頂点はここだったのか。





そんなところにも桜は咲きます。












もう春ですね。

そんな季節ですが、皆さん、出会い、別れ、花粉症に泣かされているかと思いますが、僕はアキハバラ@DEEPっていう本で泣きそうになりました。

詳細は次回のブログあたりで。

2007年3月28日水曜日

百度

made in chinese

しばしば粗悪品の異名とまで考えられる中国製品。
俺自身も中国製というとあまりいい印象はない。
それに、中国(といってもマカオだが)に行ったときの中国人のマナーや風土には少々驚かされることも多かったし、多方面から中国に対するいろんなマイナス面を、最近ちょくちょく聞くこともあったりして、正直、「中国微妙・・・」みたいなイメージが定着しつつあるのですよね。

あ、もちろん、中国の方でいい人もいっぱいいるので個人として見るなら別ですが。

んで、先日「百度(バイドゥ)」という中国でシェアNo.1の中国製検索エンジンが日本にお目見えしました。
日本じゃ、YahooだのGoogleだのという外国産がトップを占めているんですが、この百度は中国で国産でありながらトップシェア。すげぇ。

なんか、ぱっと見、見た目も機能も劣化Googleじゃんって感じですが、

とりあえず検索の反応がはえぇ。ちょっといいかも?


http://www.baidu.jp/

2007年3月26日月曜日

世にも奇妙な

世にも奇妙な物語を見始めたらホラーの嫌いな嫁は隣の実家に逃げました。

シュールだぜ。

いや、そんな怖くないだろこれ。まじで。

毎週やってたころはそうは思わなかったが、社会とか人とかが抱えてる問題とか疑問とかを、かなりシュールな道具や方法を使って解決するっていうものだ。「本当は残酷なドラえもん」っていう感じが大好き。


今回の話はまぁ置いといて、昔見た話に、「オトナ免許」っていう話があったんですよ。

話の内容はリンクの通りなんだけど、これが放映される前後の時代背景的に少年犯罪が問題視され、犯罪の適応年齢を引き下げるがどうのとか、成人の年齢を引き下げるとか引き上げるとか、そんなことが言われてた時代でした。

そんなとき、ほけーっと成人に免許があったらいいんじゃないかとか考えてた矢先、この話が放送されたんで今も記憶に新しいんだよね。

世にも奇妙な物語で話されるのは極端でシュールな形だけど、もっと現実論としたオトナ免許があったらいんじゃないかとは思うんだよね。
16歳とかでも、能力や精神年齢が高く、分別のある人間は存在するし、いくつになってもそういった能力がない人間もいるだろう。
責任能力がどうので無罪!とかもなくなるだろうし、いいんじゃないのかなーとか思うけど、差別とかもあるだろうし問題も多いのかなぁ。

っていうか嫁がまだ帰ってこないんだけど・・・。
午前二時のチャイムちょっと怖かったなぁ・・・。

あ、帰ってきた~。

2007年3月24日土曜日

Japanese intellect

日本の知力が崩壊している。
21世紀手前からそんなことが囁かれて来た。

その始まりはバブル景気だろうか。
私が小学校に入ったころ、日本はバブルの真っ只中だった。
日本のGDPはついにアメリカを追い越し世界一にまで到達した。
その頃、日本は世界一勤勉でよく働く国と言われ、巷では、やれ受験戦争だ過労死だと、勉強のしすぎや働きすぎを敵視するようになった。

しかし、実情として、受験戦争が終わり、一流大学に入った学生は、卒業さえすれば一流会社への就職が約束されていたし、人手が欲しい大企業は今では考えられないような金を使い、大量の新入社員を雇用していった。
そりゃぁ危機感も減る。

週休の二日制化は、一面を捉えれば、よく働くことで成長してきたこの国の強みを棄てたとも言えるだろう。

そして、バブルはもろくも崩壊し、平成不況が到来した。
少子化や高齢化が心配されだしたのもこの頃だろうか。
大学の教授達は、学生の質の低下を著しく感じ始める。

バブル時代に甘やかされた世代(私たちくらいか?)が大学に入る頃には、数値として学力の低下が示されるほど、知力低下が問題になっていった。


さらにトドメもゆとり教育。

もうどうしようもない。


もちろん、一面としてだが、
高度成長期やバブル時代に育ったイケイケな父兄は躾けを上手く出来ず、自分の子供を溺愛しては、すべてを学校のせいにしがちだ。

学校ではロクに子供を叱ることも適わず学級は音を立てて崩壊していく。最近教師になった後輩は、先輩教師にこう教えられたという。

「学校の常識は、世間の非常識だから。」

こうして日本の教育は崩壊した。

安部政権が教育を立て直そうと、ヤンキー先生やワタミの社長を登用して教育再生会議を開いているが、もしこの会議で教育が立て直されたとしても、誇張して言えば「空白の15年間」とも言えるこの時期は大きく日本を後退させるに違いない。

こんなことを踏まえてこのコラムを読んだとき、日本のこれからが本当に心配になった。

日本の教育や産業は一体どこを目指して行くのだろう。

To be continued

Solid State Drive

SSDっていうのがあるらしい。


PCの体感的な処理速度を上げるのにCPUやメモリの量が重要のようによく言われる。
だが、それらがある程度のものを使っている場合、意外なところでHDDがネックになる場合が往々にしてあるんだそうだ。

んで、WindowsがVistaになってWindows Ready BoostとかWindows Ready Driveっていう機能が実装されたらしく、メモリページをUSBメモリとかの高速なデバイスに入れて置くことで高速化が出来るそうな。

んじゃ、HDDそのものをUSBメモリみたいのにしちゃえばいいじゃん!っていうのがSSD(Solid State Drive)

詳細は以下のリンク参照してみてくださいな。
次のPC買うときは起動ディスクはこれにしようかなとか妄想中。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0323/ubiq181.htm

2007年3月23日金曜日

Golden Pig


豚刺。

なんか聞いただけで大腸菌だなんだで腹壊しそうな食い物だが、
ここ、「黄金の豚」で食べることが出来る。

なかなか落ち着いた店内で、接客もいい。

料理は豚肉料理を中心に結構多彩で、どれも結構丁寧に作ってあってうまい。



肝心の豚刺は、ユッケや、レバー、ホルモンもあったかな。

恐る恐る食べてみると、

いや、これまじうまいっすよ。びっくり。
やっぱり新鮮だっていうのもあるんだろうけど、
意外なほどに癖がなくて、さっぱりといただける。

生もの好きの俺としては、かなり高得点。



まだ腹おかしくなってないので、食中毒の可能性も低そうだ。




焼酎などのお酒類もかなりの種類があるし、
「ちょっと多めで!」とか言うとサービスもしてくれた。

酒好きも満足なお店でした。



料理  4.0/5(味+盛り付けなど)
サービス 4.0/5(接客、提供時間など)
雰囲気 4.0/5(清潔さ、設備、音など)
料金 3.0/5 (相対的値段評価)
合計 15.0/20 上

2007年3月21日水曜日

aluto


アコースティックな音って好きです。
ちょいとPCに増設するメモリを買いにアキバに行った帰り、いい音がするなって思って路上ライブに足を止めた。
ヴァイオリンとギターっていうちょっと珍しい組み合わせのアコースティックでやさしいメロディーがアキバのマニアックな空気を浄化してる。そんな気がする音楽だった。
どうやら「aluto」っていうグループで、売り出し中らしい。
ほのかちゃんかわいかったですよ。
んで、PCのメモリを2GBにしたわけなんですが、超いい。全然快適。新しいPCはまだまだいらなそうです。

select

渋谷に向かういつもの帰り道。ふっと逆車線を見ると、嫁の好きそうなインテリアショップが目に入った。白系で統一されててちょっとカントリーな感じもするハイセンスで女性が好きそうな「kino」という店だ。いいんだけど、高けぇな。

その店を出て知らない道をテクテク。

渋谷って町は中心街はごちゃごちゃしてて飲み屋を探すにしてもすげぇ当たり外れが大きくてちょっとメンドクサイ。
それが、ちょっと表参道側の裏通りとかに入るとハイセンスで思わず入りたくなるような店が軒を連ねている。いいねいいね。

そのまま表参道方面に歩いていくと、セレクトショップってやつがいっぱいある。
セレクトショップとは服飾小売店の形態の一種で、ひとつのブランドデザイナーの商品だけを置くのではなく、その店のオーナーやバイヤーのセンスで仕入れたものを陳列・販売している店舗のこと。
(wikipediaより)


今の世の中、選べるものが非常に多く、人はいっつも選択を迫られている。たとえば、飯食いに行くときとかも、
「ねー、何食べたい?」
「え、なんでもいい。お前は?」
「えー、私もなんでもいい。」
「んじゃ、ラーメンな。」
「えー、やだ。」

と、まぁ男はいつも選択を迫られてるじゃないですか。

数十年前から考えればそんなものは贅沢で幸せで、文句の言いようがない。そんな夢の世界なのかもしれないがこの選択ってやつが結構な悩みの種。

でも、映画「マトリックス」の劇中でオラクルが、人間に選択を与えた結果、世界が非常にうまく回るようになったと言っているように、人生なんてプログラムで言えばIF文の連続。だからこそ人は昔を振り返って「もし、東大に入っていたら・・・」とかそんなんを繰り返すわけでもあるんですよね。

そこで、歩きながらこんなことを考えたんですよ。
選択っていうのをサービスとして売ったら売れるんじゃねぇの?って。
ようはセレクトショップとかそれの代表格だし、占い師とかもそれに順ずるでしょう。

んじゃぁ、Webの世界でその「select」を売るとするとどうなるのか。
たぶん、自分で選択出来るアフリエイトみたいな形になるんじゃないかと思うんですよ。

自分の専門知識を使って良いものを選択し、それをブログとかHPに載せる。
そうすることで、「選択」の手助けをして、人間がIF文を処理する時間を最適化してやる。
その最適化の代償として、料金を貰う。

そんなビジネスを考えました。まぁもうあるだろうけど。
AllAboutとかそういう感じなのかな。Web2.0って概念が台頭してきてさらにそういう動きが活発になってるのかも。

そういうビジネスがもっと増えて、もっと効率的に社会が動いていったらいいな。
そんな散歩でした。

2007年3月19日月曜日

デスノート

デスノートの映画を続けて見た。
劇中に入ってるニュースのシーンとかがリアルに作りこまれててなかなか臨場感あったけど、
キラ様だけがキャラが合ってなくてちょっと微妙だった。

最後のほうで、キラの親父さんが
「法律は不完全だが、不完全である人間が作ったんだからそれは当然だ。しかし、法律は人間の努力の結晶だ。それを蔑ろにして犯罪者を裁くのは独りよがりに過ぎない!」
とか言ってたのが結構説得力あったな~。

しかしまぁ、もうちょっと裁判とか法律がスピーディーで納得出来る形になるといいんじゃないかとも思うんですよね。

2007年3月17日土曜日

FLAC


西麻布のベンツばっかり通る牛坂っていうところを登ってちょっといくと、
地下に通じるこんな店がある。

FLAC










店内はシンプルでスタイリッシュ。

ゆったりとしたソファーの席とかもあって落ち着ける。









ランチは男のハンバーグとか、スペシャルとか、から揚げに日替わりなどがある。
写真は1000円のスペシャル。

このエビフライ、二匹のエビを一緒に揚げているようで、
食べ応えがあっておいしい。





mixiのときの採点方法をすっかり忘れてました・・・・。
再開してみるテスト。
以前の記事もそのうち更新しようかな。

料理  3.5/5(味+盛り付けなど)
サービス 3.0/5(接客、提供時間など)
雰囲気 4.0/5(清潔さ、設備、音など)
料金 3.0/5 (相対的値段評価)
合計 13.5/20 上

2007年3月13日火曜日

ふぇどら と バトンfromゆーり(mixi)

42型のプラズマにFedoraCore6の画面が映し出されるのはそうそうないと思うんです。

週末、リビングに置いたPCにインストールにLinuxのFedora Core6をインストールしてみたり。
最初はGUIで入れたんだけど、Fileサーバーにしたいので勉強がてらCUIでインストールし直したんだけど、Sambaがうまく動かないっていう・・・。泣ける状態です。

構成としては、
M/B 前使ってたChaintechとかいうところのやつ
CPU Pentium4 1.6AGHz
Memory 512MB バルク
HDD 120GB 7200rpmのやつ
ケース SilverStone SST-LC17S
電源 Calmerファンレス360W電源 CX360-PFL01  ←目玉商品

そんな感じ。
CUIが嫌いになってきたのでGUIで近々もう一回組んでみよっと。

んで、ゆーりちゃんからのバトン!

【それでは[arkstrong]さんに質問です。あだ名を教えてください】
ますた
メア㌧
おっくん
わがお
ゴイセン

脈絡がなさ杉ですね。

【郷里の自慢を一つ挙げてください】
埼玉は世界で一番いい国です。

中途半端さが自慢です。


【今、内緒にしていることを一つ白状してください】

体重。
やっぱり発表なんてできない!!!11!!

【今、いちばん自慢したいことは何ですか?】

嫁。

【それでは通信簿に先生から書かれたことは何ですか?】

提出物×

【さて、初めて買ったCDは何ですか?】

チャゲ&アスカ
「めぐり会い」

渋すぎる。

【おかんの変なところを一つ教えてください】

メールに、異様に、句読点が、多い、こと。

【それでは、毎日欠かさずすることは何ですか?】

タイピング。

【では、自分の性格を一言で言うと何ですか?】

良くも悪くも適当。

【この1年で夜眠ってて見た夢でどうしても気になって仕方のない夢ひとつ教えてください】

宝くじが当たる夢。

見事にはずれましたが・・・。

【では、よく出没するスポットはどこですか?】

西麻布界隈。

【尊敬する人は?】

マイミクだとー

takuro
かず氏
たかちゃん

あたりかなぁ

【やってみたいアルバイトは?】

ホテルマン、ホスト、添乗員

【ある時地震が。何を持って家を飛び出す?】

嫁。

【肌身離さず持っているものは?】

携帯かな~。でも良く忘れるんだよね~。
財布は嫁にすぐ渡しちゃうのでそうでもない。

ないかな?

【[arkstrong]さん、ありがとうございました。最後に次週の出演者を5人教えてください】
今週で最終回ですっ

2007年3月10日土曜日

Segesta



西麻布のKitchen Bar 「segesta」

モダンでしゃれた概観が目を引く









よくランチに行くのだが、比較的さっぱりとしたパスタや、
おいしいビーフシチューなどのランチメニューが味わえる。

量もそれほど多くないので、女性向けかな~

メタボな味が好きな俺にはボリュームがちょっと足りないかな。







今日はボロネーゼ。素朴な味わいがする。









いろんな酒が置いてあって、夜も行ってみたい感じだ。

2007年3月9日金曜日

権八



小泉元首相とブッシュ大統領が飯を食ったり、
KillBillの舞台になった飲み屋といえば「権八」の西麻布店だ。


どう見ても蔵。







中に入ると、KillBillでヒロインが人殺しまくってたあの場所そのもので、六本木がすぐそこっていう理由もあるだろうが、外国人の率がものすごい高い。

案内された部屋で日本語で会話してたのはうちだけという異質さだ。

外国人が思う日本っていうとこんな感じなのかなーっていう感じがした。




料理は、どれもおいしい。串ものやそばはもちろんのこと、このプリンはカラメルの代わりに黒蜜のようなものが使われていて、まさにこの店を象徴するような、和洋折衷な一品。

ウマー

2007年3月8日木曜日

天婦羅 からさわ


西麻布のまさに路地裏。
隠れ家とはまさにこのことというような立地にある天婦羅屋「からさわ」


素材の味を生かした飾らないがうまい天婦羅が食える店だ。







昼の天婦羅定食。この他にもう一皿揚げたての天婦羅がついて、
ご飯はお代わりし放題。

「おかわり!」と頼むと店員さんが笑顔で持ってきてくれた。

天つゆの他に岩塩でも味わうことが出来て、大満足。

今度は天丼も試してみたいな~。

2007年3月7日水曜日

くすり

花粉症の薬を飲むと、なんだか頭がほわ~んとして、景色がこんな風に・・・はさすがに見えないけど、超眠くなりますね。

日本の春。花粉症の春。

2007年3月5日月曜日

海の幸のリゾット

嫁とリゾットを作りました!
海の幸のリゾット。

イカ、エビ、ホタテを入れたトマトソースのリゾットです♪




トマトソースをカットトマトから作ったんだけど、
市販のやつと比べるとおいしいので、結構うまくできますた。

またつくろ~っと。

2007年3月4日日曜日

赤から



会社の先輩が常連の飲み屋「赤から

名前の通り唐辛子などの香辛料を多用した料理を出す
名古屋発祥のお店

ここの料理はまじでうまい。せせり焼きとか塩ホルとか鍋とか
鍋に至っては正直こんなにうまい鍋は他ではまじで食ったことがない。






これがその赤から鍋です。
最初は汁少な目で、出来上がると野菜の汁で
うまみたっぷりのピリ辛スープになります。

今回はこれに先輩オススメトッピングのチーズと餅を入れたんだけど、
これがまじでヤバイ。これ考えた人はネ申としか言いようがない。






先輩と店員のオカミさん。
別に女将さんじゃないんだけど、そういうあだ名らしい。

超いい人で、美人さん。

お酒のいろんな焼酎があっていい感じ。
ボトルキープも出来るお。


そんな、酒、料理、店員さんの三拍子揃った店です。

2007年3月3日土曜日

赤い食い物


今日の昼ご飯はPizza SALVATORE
ナポリピッツァを日本に広めた功労者、サルヴァトーレ・クオモがプロデュースしたピッツェリアらしい。







店内は黒基調のおしゃれな感じ。
西麻布のハイソなマダムどもが子連れでランチをしていた。











肝心のピザランチは通常1200円。サイズアップしたので300円UPの1500円だった。

今回はサラミとリコッタチーズのピザにしてみたんだけど、
もっちりとした薄めの生地がなんともうまいし、
チーズもいいものを使っているのかとってもおいしい。



ランチセットには飲み物が付いて来るんだけど、
どれもおいしい。

カプチーノハート最高!

2007年3月2日金曜日

たんたんめん


西麻布のランチはうまい。
よく行くのがココなんだけど、
坦坦麺とかザーサイヤキソバとか、五目焼きそばとかチャーハンとかうまい。

全部1000円だお。


















2007年3月1日木曜日

銀空



銀座の空は意外と青い。


















冬の朝の空気は都会のど真ん中でも結構澄んでいて、
くっきりと影を映す。

そんな朝がちょっと好きです。