2009年8月28日金曜日

生きる目的 Part2


Part1

続いては国家レベルと書いたんだけど、その間の重要なレベルを忘れてました。
人間社会というレベルです。

では、人間社会とはどうやって構成されてきたのか。
とりあえず要約してみよう。

まず、猿が二足歩行になり脳が進化することで高次元の知能を手に入れ、人となった。
そして、その知能を使い、言語や道具を使うことで群れを社会とし、現在の発展を導いていったと
まぁこんな感じ。


そして、その過程において、動物との格差を広げた大きな要素はなにかと考えたとき、
遺伝情報以外に知識や遺産を後世に残す術を確立したことが第一に挙げられるんじゃないかな。

それにより、動物は遺伝情報と、精々、巣や縄張り程度しか子孫に残すことが出来ず、
社会や種としての進歩や拡大は人間に比べ非常に非効率であるのに対して、
人間は様々な情報や遺産を常に最新化して子孫に残すことにより、
非常に効率的かつ加速度的に進歩し、地球全土でもっとも繁栄する種族になったと言えると思う。

つまり、人として人間社会を今以上に継続的に発展させるためにやるべきことは、
子孫に対して過去よりも有用で効率的な知恵や、大きな遺産を残すことが
一つの重要な要素になる。

つまり、簡単に言えばこうだ。

子供を育て、高次元な教育を与えて少なくとも親を超える存在にする。
また、子供が効率的に様々なことを成し遂げるために必要な遺産を残す。

それが出来れば、一個人としての役割を真っ当したと言えるのではないかと考えている。


ただ、一つ懸念点がある。

人間社会が発達するにしたがって動物よりも劣っていったのではないかと常々思っていることなのだが、
それは進化の速度だ。

ダーウィンによれば、動物は遺伝情報が優れたものだけが生き残り、その他が淘汰されることにより、
環境に適応し、日々進化をしている。

しかし、人間はどうだろう。
優れたものが生き残り、そうでないものが淘汰される。
そんなことを推し進める政策は、正常な国家であればまず否定される。

また、優れた人間が子孫を多く残すのかと言えば、個人主義が台頭する今、
そんな原則は全く成り立っていない。

よって、人間は多様化しているが、それが効率的な進化には必ずしも結びつかないと言えるのではないか。


では、どうしたら人間が遺伝レベルでポテンシャルを上げていけるのか?
方法は大きく分けて二つ考えられる。

一つは、優れた遺伝子を持つものが出来るだけ多くの子孫を残していく方法。
もう一つは、多様性を極め、様々な混血の中から突然変異的にスーパーな人間が生まれ、
その人間が社会構造を大きく変えるほどのインパクトを持って広がっていくことだろう。


そう結論付けたとき、一つの疑問が浮上する。
俺の遺伝子っていい感じなの? ってことだ。

答えは「わからない」だ。

学力、体力等のポテンシャルは、世界全体で見て、平均以上だろうとは自負してはいるものの、
特に飛びぬけたレベルの性能はない。

つまり、前者の方法での進化を効率化する場合、自分の遺伝子が必要な可能性はそれほど高くないだろう。


じゃぁ、子供なんて育てないほうがいい?


答えはNoだ。

なぜなら、二つ目の可能性を俺の遺伝子は持っているはずだし、知識や遺産という先ほど説明したケースを考えても、後世に残せるものはあるんじゃないかと思うからだ。

だからこの懸念点を踏まえても答えは変わらない。

俺は子供を育て、高次元な教育を与えて少なくとも親を超える存在にする。
また、子供が効率的に様々なことを成し遂げるために必要な遺産を残す。

それが人間社会に対して俺の生きる目的だ。


To Be Continued....

書いてみると長いなぁ・・・

2009年8月27日木曜日

携帯写真

十字架

六本木はほんとセレブな街だ。
やっぱり俺はアキバあたりが落ち着きます・・・。
嫌いじゃないけどね!

N-09Aで撮影。Picasa3で編集。

2009年8月23日日曜日

生きる目的 Part1


そんな疑問を持ち始めたのは小学生くらいだったか。

自分のため?人のため?
まぁそんなよくある哲学感って十代の頃に誰でも経験する難題だと思います。

結婚して子供も出来、そんな疑問に一定の結論が生まれてきたので
この辺でまとめておこうかと思う。



この問題を自分なりに解決していく過程として選んだのは、
世界の様々な括りを大きい順で検証していくことだった。


まず、宇宙的な規模で考えたときに自分とか人ってなんなの?と考えた。
たぶんそれは非常に小さな化学変化でしかない。

もしかしたらそれは、ビックバンから拡大し続ける化学変化の連鎖の一部でしかなく、
それは超高性能なスーパーコンピュータならその先の変化をすべてシミュレートできるような、
天気とかと同様のカオスであり、すでに運命や因果が決まりきったものなんじゃないかと思う。

その決まった運命に対して、介在できる存在があるとすれば、それは人間の言葉で「神」と
表現されるモノであるだろう。「神」がいなければ人間や生物が意思を持ち、
決まった運命や因果の連鎖から選択を得ることは出来ていないはずだ。
そんな考えに一定の論理的な納得が出来る。

だからこそこれほどに世界には宗教が存在し、検証不可能な存在(神)の存在を信じるという
行動が人類に多く見られるのではないだろうかと思う。

「神」を信じることで、絶対的な死や運命から逃れられるという「救い」が精神的に得られる
というのは、悟りを開いていない人間にとって有益であるというざるを得ないのではないだろうか。


少々話が横道にそれたが、そんな宇宙や神といったレベルで自分は何が出来るかと考えたとき、
正直、なんもできねー っていうのが俺の結論だった。

だから、死ぬとどうなるとか、宇宙に対する自分の役割とかそういう議論は無駄だと割り切ることにした。
これがもっとも大きな括りのなかでの生きる目的に対する俺の答え。



次の括りは地球レベル。

地球レベルでの問題といえば、軍事的な問題や環境問題といったものが挙げられるだろうか?
いや違う。軍事的な問題は最終的には地球が完全に砕ける可能性を多少含んでいるため
捨てきれないが、環境問題は完全に違うと思われる。

なぜなら、地球には昔々酸素がなかったことを考えれば、今人間が二酸化炭素濃度を増やし
地球の環境を変えるというのは、環境破壊ではなく、単に環境を変化させてるに過ぎない。
ついでに文句を言うなら、二酸化炭素などの温室ガスが増えたことが温暖化の原因だなんて
ただのブラフの可能性だってある。
だって、ちょっと考えただけでも、氷河期と間氷河期がもともと地球には存在するわけで、
今の温暖化がそれに準じた温度変化の可能性だって捨てきれないだろう。

では、俺自身がそんな地球になにが出来るのかを考えた。
宇宙とかと同じで何も出来ないんじゃないかと思う。
俺が影響を与えられるとすれば、将来、強大な権力を持つ政治家とか権力者に
上り詰めないといけないわけで、それを成し遂げられる確率はほとんどないだろう。

まぁ精々、軍事に関してまともな考えを持った政治家に投票するくらいが関の山か。
それが俺の世界規模での生きる意味です。

To Be Continued.....


次回は、国家レベルから。

COEDO

COEDO 伽羅

川越の地ビールだそうです。
味が結構濃い感じ。ボディがしっかりしてるっていうのかな?
苦味は弱めでのど越しというより味を楽しむタイプ。
のど越し好きの俺的にはあんまりかな~。

俺的点数:70点

BINGTANG

BINGTANG

変り種?インドネシアのビールだそうです。
なんか、匂いが!!すっごい特徴的。
アジアを連想されるようなエスニックな匂いがあるけど、
のど越しとかは比較的さわやか。

こういう匂いが好きな人はいいのかな~。
ちょっと苦手。

俺的点数:65点

Kostriber


Kostriber Schwarzbier

ホームページが見つからない・・・。ドイツの黒ビールです。
苦味が強いビールで、コーヒーみたいな苦さがあります。
でものど越しとかは案外さっぱりしてて飲みやすい。

ギネス苦手だわ~っていう人でも苦いのが平気なら飲める黒ビールだと思うよ!
おいしかった。

俺的点数:90点

Duvel



Duvel

ニホンゴ

悪魔という名のビール。
アルコール度数8.5%と高めで、とりあえず辛い!って感じ。
辛口の日本酒みたいな雰囲気があった。

アルコール度数やその特有の辛さ?みたいなものがあいまって
ノドにも胃にもずしーっと来るビールです。
でも変な匂いとかはなくて、酒強い人は好きなんじゃないかな~。

俺は酒弱いんであれですが、お酒好きな人には勧められそうなビール

俺的点数:80点

Pecheresse

Lindemans Pecheresse

リンデマンのピーチのランピック
ランピックって初めて飲んだけど、おいしいね。

とりあえず桃ジュース!!っていうくらい甘いです。
っていうかジュースより甘いんじゃないかっていう。
炭酸も少なくて、微炭酸の桃ジュースにビールをちょこっと混ぜたものが
熟成しましたよっていう感じですね。

アルコール度数も2.5%とすごくやさしいので、
甘党の俺的にはありかな~。

甘いカクテルとか好きな人にはおススメ。
買った理由はジャケ買いですが(笑)

俺的点数:85点

HOLSTEN


HOLSTEN

ドイツのビールです。
ドイツビールってどれも結構似てるのかな?

それなりの苦味と、口にお酒っぽい後味が残る感じで、
これといって大きな特徴はないかな。

俺的点数
70点

Baccarat

どうせなので、グラスをBaccaratにしてみました。
クリスタルガラスなのかな。叩いてみたときの音がすっげぇ綺麗。
見た目の透明感もいいですね~。

買ったあと六本木ヒルズの直営店に行って見たんですが、すっごい高いですね・・・。

2009年8月14日金曜日

金麦


金麦

ビールじゃなくて発泡酒ですね。

らーんららっらん らっらららんらっららん のやつ。

なんか、今まで「ビール」ばっかり飲んでたので、
確かにちょっと違うかも!気のせい?
水割りみたいな感じの味がちょっとしますね。

香りはフルーティーな感じで苦味は普通くらいかな・・・。

俺的点数:65点

銀河高原ビール 小麦のビール


銀河高原ビール 小麦のビール


有名だよね。
昔結構好きかもって思ってたビールなんだけど・・・。

だめだ・・・苦手になった(´・ω・`)
苦味がほとんどなく、独特のお酒っぽい匂いと、口に広がる芳醇な香りが入り混じってる感じでした。

ん~、昔は苦いのダメだったから好きだったのかな。

俺的点数:60点

Budweiser


バドワイザー

バドガールで有名だよね!アメリカのビールで、販売数は世界一らしい。

癖のない平均的な飲み味っていう印象。
香りは独特?かな。
飲みやすさはそれほど感じなかったけど、飲みにくいわけではないと思った。

俺的点数:75点

HEARTLAND BEER


ハートランドビール

結構有名?だよね。
KIRINのビールだったのか・・・と初めて知りました。

独特のさわやかな香りがあって、苦味が少なくて飲みやすい感じ。
変な臭みのようなものもなくてのど越しはスーッと入っていく感じかなぁ。

苦くないくて飲みやすいビールを飲みたいときには(・∀・)イイ!!

俺的点数:90点

Full moon beer

フルムーンビア

なんか、満月の力が入っているらしい。

香りもほどほどにあり、苦味はそれほど強くないっていう感じ。
色の割に飲みやすくて結構おいしかった。

俺的点数:85点

2009年8月8日土曜日

grolsch

グロールシュ

ああ、これ缶だけど、あのビンのやつか!!
って飲んでから知った。

苦味が少ないけどすっきりって感じ。
なんか独特の匂いがするビール。

こういう匂いが好きな人は好きなんだろうな~と思ったけど、
お酒くさい感じが俺は苦手かなー

俺的点数:65点

Queen Q のビール


クイーンズ伊勢丹のプライベートブランドらしい。
なんとなく飲んでみますた。

色がブラウン。ほどよい苦味と色に似合わず結構すっきりしたのどごしだった。
エールみたいな味はしないので、黒ビールよりなの?よくわかんない(ぉぃ

俺的点数:80点

Hoegaarden

ヒューガルデン
白ビールっていうやつらしい。

香りがちょいとフルーティー。
苦味は普通かなー。
白いと何が違うのかは正直いまいち分かりませんでした(´・ω・`)
お酒臭さはちょいとありますが、エールみたいではないですね~。

俺的点数:70点

飲めない俺のビールレビュー

俺、酒飲めないんですよ。ビール350mlで酔っ払い。
そんな感じなんだけど、もやしもん8巻を見てビール飲みたくなったので、
ついでにいろんなビール飲んでレビューしてやる!!


で、一発目は、そのもやしもんに出てた「ピルスナー・ウルケル
よく分からないけど、ピルスナーってやつの発祥かつ王様らしい。

【感想】

一発目だけど、今まで飲んだビールで一番うまかった。

ごくって飲むときののど越しがすげーよくて、
その後の強くてさわやかな苦味と香り高さがすごく(・∀・)イイ!!

酒弱いからかもだけど、お酒のお酒くささ?みたいなのが苦手なんだけど、
このビールはそれがほとんどない。
俺でもゴクゴク飲めた。

俺的点数:95点くらい