2010年11月23日火曜日

neetになるにはどうすれば良いのかを本気出して考えてみた。

誰にも文句を言わせずにneetになるためには、どうすればいいのか?
条件はこんな感じか。
①生活費(家族分含む)が自分で賄える
②税金、社会保険費が払える
③老後まで含めて保障出来るだけの貯蓄、保険がある

この三つを具体的に言うと、
①不労所得で手取200万円~500万円ほどを得られるソースがある
②所得から、税金、社会保険費を払うノウハウがある(申告系)
③30歳ならば、残り50年×300万円=1億5千万円 程度の貯蓄がある
 ※ただし、例えば31歳になった場合、300万円余るので、歳を取るほどこの貯蓄はいらなくなる。

これだけあればいいんじゃないかな?と。
つまり①~③は連動していて、お金と適切な投資先とファイナンシャルリテラシーがあればいけそうです。

①の200~500万円を得るには、年率3~6%くらいで安定して収入が入る投資先と、1億円の資金があればいけます。
税金とか社会保険料を引いた手取で考えると、2~5%ではダメですね。
この投資資金は基本的に0円以下にならない投資であることが重要です。
高レバレッジな金融商品とか、信用取引などで、下手をすると1億円以上の損失を出すような投資は×でしょう。
また、投資方針としては、基本的にインカムゲインを狙うほうがいいでしょう。
もちろん、元本の価値が下がらないような投資先でないと怖いので、なかなか難しいところです。
具体的には不動産や、債権をレバレッジなしもしくは、低レバレッジで分散運用するのが定石かなぁ?

不動産なら、よくありそうなそこそこいい投資物件。例えばRC造築10年駅近で、表面利回り10%くらいのものを買うとして、
修繕費とかを加味すれば、実質利回りは実はせいぜい6~7%位でしょうか。
物件の価値が年間2%ずつ下落していくと考えて、本当の実質は4~5%程度のリターンがやっとかな。
さらにリスクも考えると、もっといい条件の物件が必要。

1億と購入物件を担保に数億の物件を購入する(レバレッジを掛ける)ことで自己資金利回りを上げるのも手だけど、
もちろんリスクも上がります。まぁ、1.5倍~2倍くらいは掛けてもいいと思うけど。

債権にしても、ギリシャやアイルランドのような有名な国ですら沈むので、
為替も含めて、長期的に収益を稼げて沈まないものを選べる目と、臨機応変に対応出来る目がいります。

そして、その1億円のほかに、80-年齢×300万円くらいの貯蓄(現金+国債+外貨あたり?)があれば、
なにかあったときでもある程度対応出来るでしょう。

つまり、60歳でneetっていうか引退するには、1億6000万円ほど貯めておけばいいわけですね。
(ただ、現在でこの歳であれば年金支給(年200万円以上)を考えると投資分はほぼ必要ないし、貯蓄分は食いつぶしていくだけと考えるなら、5000万円くらいあれば十分かも。)
40歳ならば、2億2000万円。30歳なら2億5000万円。日本の年金システムの今後が信用ならない以上、このくらいはリアルに必要でしょう。

よーし、宝くじ買ってくるわ!

2010年8月19日木曜日

UNIQLO 単位

UNIQLOという単位を布教したい。


[UNIQLO]

意味:服やブランドの価格の単位。UNIQLOで売っている服の値段を1[UNIQLO]とし、
服やブランド、服飾店の価格を評価する単位。


例えばジーンズなら、UNIQLOで2,990円~3,990円くらいなので、
1[UNIQLO]≒3,500円 とする。
つまり10,000円のジーンズならば約3[UNIQLO]となるし、
30,000円のジーンズなら、約9[UNIQLO]だ。

TシャツならUNIQLOで1,000円~3,000円程度なので、
1[UNIQLO]≒2,000円 とする。
8,000円のTシャツなら4[UNIQLO]。


この単位、店に寄って結構な確率でTシャツでもジーンズでもなんでも
大体の[UNIQLO]が同じくらいになる。

丸井辺りによく入っているブランドだと、大体2~4[UNIQLO]だ。
例えばコムサとか、JUN MENとか、タケオキクチとかそのクラス。
Tシャツで5~8,000円だし、ジーンズは1~2万円。


もうちょっとクラスが上のハイブランドやセレクトショップだと大体4~8[UNIQLO]になる。
SHIPSとかUNITED ARROWSのちょっと高めの店辺りとか、
もうちょっと上ではESTNATIONとかもこのあたりかな。
Tシャツはちょっと幅があるから5,000~15,000円くらいだし、
ジーンズは2~3万くらいが多いよね。


海外のトップブランドになると、10[UNIQLO]を超える。
GUCCIとかYves saint LaurentとかD&Gとかそういうやつ。
ジーンズだと3万以上は余裕でするし、Tシャツも2万~っしょ。


ほーら大体あってる。


[UNIQLO]の用法

「この店は大体5[UNIQLO]だな。品の割に高い。」
「さすがはしまむらだ。0.5[UNIQLO]とか安すぎwwww」


ちなみにうちの子供服はたぶん平均0.3[UNIQLO]くらいの値段で揃えてます。
リサイクルショップとフリマ最強。
(もらい物は0[UNIQLO])

2010年8月16日月曜日

ipad

ipadの使い道がついに見えてきた。


発売当初、20代~30代の新デバイスフリーク達が買いあさり、
今では使い道のないデバイスとして中古屋に溢れている状況だ。

だが、その人柱達が見出した使えないという結果は、
PCを含め、最新のデバイスを楽勝で使用出来るユーザとして
ipadは中途半端で使用する場所がなかったというだけの話である。


一昨日、お盆で親戚に家に線香をあげに行ったのだが、
俺がもっていったXperiaに70歳を過ぎた叔父と叔母が
意外にも興味を示してくれた。
Google mapや毎日新聞のアプリなどを見せて触らせてみると、
意外と使いやすいと言う。

その叔父や叔母は、マウスやキーボード、PCのデータの管理などは
得意ではないだろうし、使いやすいとも思っていないと思うが、
タッチパネルでの操作はほとんど説明しなくても感覚的に出来た。

これなら、ipad使えるんじゃないか。そう気が付いた瞬間だった。
ipadの大きさ、操作性、PCに比べ限定された機能。
それらは高齢者がネット上の情報を得るのにぴったりだ。
PCのようにわざわざ起動しなくてもいいのも気軽でいい。

そして、andloidの同様のサイズの商品が今後出てきたとしても、
やはりipadがいいだろう。

andloidの良いところはサードパーティで色々なメーカーから
デバイスが出せることや、フリーソフトの幅が今後広くなること。
Googleとの親和性などだろうが、高齢者にとってたぶんそれは必要ないし、
ipadの優位性である画面の美しさや、操作性の良さが選ばれると思う。

高齢者の他の需要としては、主婦や子どもが使うリビングPCの代わりのデバイスにもってこいだ。
今後、テレビとどうレベルでwebやデータを観覧するデバイスとして、ipadや同様のタブレットが幅を利かせるだろう。

2010年7月12日月曜日

参議院選挙 そしてまたねじれ

十分予想できた事態だ。

それなのに、権力にすがって衆議院同時解散しなかった民主党に辟易。
政権>国民 が如実に見える。

まぁ、今の政治に信用がないのは、
政党同士が子どもの喧嘩をして議論しないからだろうが。

まぁ、どうにしろ、こんなシステム作りが必要だよね。

・老人世代から財産や知恵を若年層にリサイクル出来るシステム
・がんばっている人が報われるシステム(年金、生活保護、税制)
・諸外国を超える教育システム


つまり、まず消費税は上げる。
段階的に20%~30%くらいまで上げるべきだろう。
もちろん諸外国と同様、食料品等は無税にする。

その代わりに高所得者の所得税と法人税を下げる。
これによって、老人世代や高所得者が贅沢をするところから、
税金が徴収できるようになるだろうし、がんばって仕事をした人からは、
所得税が軽減されて収入は多くなる。

これでは、低所得者がなんにも贅沢出来なくなるが、
がんばれば税金が上がらずに所得が増えるから、がんばるようになるはず。

だが、超低所得者(フリーター)などはこれではさっぱり救えないので、
最低賃金を上げることと、職業教育に対する支援を手厚くする。

これによって、

賃金が安い→労働時間が増える→学ぶ時間がない のスパイラルは消える。

もちろん、最低賃金上がった!楽して暮らせるお!って思っても
消費税がそうさせてくれない。

そして、neetなどの、働けるのに働かない人は
一定基準を作って、強制的に厚生させるシステムを設ける。

生活保護については現物支給とする。
教育費無料、住居は指定した施設を提供など。
現金支給は0円にする。

母子家庭についての優遇は撤廃し、
元夫がその優遇分を国に納税し、
その税金で現物支給を行う。

年金については、次年度の20歳からシステムを完全に変更すべき。
最低額保障のファンドにし、現在の年金システムから分離。
すでに払っている人については希望に応じて新システムに移行できるようにする。

もちろん、子ども手当の外国人支給のようなバグはちゃんとデバッグしないとだが。

2010年6月16日水曜日

Focus Izalco Pro 2.0 2010 レビュー②

というわけで、土曜日に90kmほど乗ってきました。

フルカーボンずるいわw

アルミと比較して、BBまわりの剛性については同等かそれ以上くらいだと思われます。
ヘッド周りは大型化してるだけあってさらに高い感じ。
登りの軽さもかなりいい感じで、スッスッと登りますね~。

それなのに、衝撃吸収性がアルミとは比べ物にならない・・・。
衝撃吸収性の高いカーボンには劣りそうですが、
アルミからの乗り換えだと感動するレベルですね~。

その剛性、衝撃吸収性能に因るところだと思うんだけど、
下りの安定性も良くて60km/h以上の速度でも安心して乗れます。
いい自転車ですわ~。

ただ、やはりレーシーな仕様でカーボンなので、クロモリのロードに比べると、
素材的な安心感とかツーリング時の乗り心地は劣ります。
そういう意味で、初心者にはお勧めしにくいかな~。
レースで乗りたいとかならいいだろうけども。

izalcoに乗って、逆にまったり走行用にフルオーダーのクロモリがちょっと欲しくなりましたw

2010年6月5日土曜日

Focus Izalco Pro 2.0 2010 レビュー①


というわけで、本日wiggleから届いたFocus Izalco Pro 2.0 2010

↓これです。
http://www.wiggle.co.uk/p/cycle/7/Focus_Izalco_Pro_20_2010/5360045304/

コンポはクランク以外DURA ACE。
フレームはUDカーボンを使用したフルカーボンフレーム。
ホイールはFulcrum Racing 5という仕様で、俺が買ったときは込み込み24万円ほど。

サイズはXL(58)を選択しました。ちなみに身長184cmで股下84cmで、上の写真のような
ポジションになります。

ちなみにヘルスメーターで計った車重は7.8kg(ペダルなし)でした。
フレームサイズがデカい割には軽いって感じですかね。
ハンドル、ステム、シートポストとかは普通のアルミなので、
必死で軽量化すれば6kg台目指せるかも・・・・ってくらいな感じ。



wiggleのシールがココに貼ってあります。むしろ剥がさない方向で行こうかと検討中。



SL-Kのクランク。カーボンがキレイ。BB30なので剛性も高そうな感じ。



やっぱりDURAはいいね~。ただ、ここのワイヤーの取り回しは微妙なのでは・・・。
チェーンからオイル垂れるよね。

とりあえず、1kmほど乗ったんだけど、知り合いのパワーメーターでMAX1200Wほどは出せるんだけど、スタンディングで負荷掛けてもたわむ感じはなく、フルアルミのTREK2300に比べても引けをとらない剛性感。
そして、軽量なことが功を奏してか、踏み出しが軽いです。
安定性もすばらしくて、安心して乗っていられます。

なにより衝撃吸収がぱねぇ・・・。さすがフルカーボン。
雑誌のレビューに衝撃吸収微妙って書いてあったけど俺には十分すぎるほどいい感じです。

とりあえず一発目レビューでした。

wiggle通販。 Focus Izalco Pro 2.0 2010





新車が到着しました!Focus Izalco Pro 2.0 2010。もちろんwiggleの通販っすね。
フルカーボンフルDURA ACEの自転車が24万円ほどで買えるとは・・・。
円高万歳?

wiggleでの買い方だけど、UKの通販サイトなのに日本語化されてるので楽勝です。
今回は5/21に発注し、5/27に発送通知メールが来て5/28レートで決済され、5/31にUKを出発。
6/2に日本に到着して6/4に税関を通過、6/5本日到着した!

セールでやたら混んでたらしいんだけど、結構早く着いたなぁっていう印象。

関税は7100円取られました。生まれて初の関税・・・w

ホイールとフレームの2箱で届いて、表書きにちゃんと日本語で、「2箱だけど中身一個だから二重課税しないでね!」的なことが書いてあって、wiggleの日本慣れを感じた・・・。

梱包については文句なしですね。
写真のような発泡スチロールで全体的にカバーされてる上に、緩衝材が隙間なく入ってました。
すばらしいね。

組み上げるのも非常に簡単。
一緒に、携帯用ツールと、ペダルレンチを無料でもらえるんだけど、それ以外工具がいりません。
そして組みあがれば、なんの調整もいらずに乗れるほど、しっかりと調整してある。
本当に一回ちゃんと組んで調整してからバラして梱包するんだなぁと、感動。
wiggle恐るべし・・・。

自転車自体のレビューは別記事で~。

2010年6月1日火曜日

耐震

昨日リフォームの関係で、日本の木造建築の耐震研究の第一人者の方の講演会を聞いてきました。なんか超えらい人らしい。

周りは工務店とか建設業者の社長さんとかばっかりで、なんでこんなところにいるのか甚だ疑問だったんだけど、色々疑問は解けました。

家をリフォームとか新築するとき悩むことをズバッと解決してた感じ。
以下、俺の理解をQAっぽくまとめてみた。

Q.新築するとき、ハウスメーカーが耐震平気だよ!的なこと言ってるけどどうなの?
A.今建てる家で、耐震基準が3とか付いてる木造住宅は余裕です。1だと大地震のもっとも被害がるところだとたぶんぶっ壊れます。

Q.2×4とかプレハブとか在来とかあるけど耐震的にどうなの?
A.2×4とかプレハブは新しい技術で、日本に入ってくるときに明確に耐震基準が作られてるからそれに従ってれば余裕です。在来はそれらに比べる と甘やかされてる基準だけど、それでも基準に従ってれば余裕です。

Q.今の住宅って35年くらいしかもたないとか言われてるけどほんと?
A.今の家、昔の家、今後の家に限らず、木造建築は基本的にメンテナンスしなければもちません。建てっぱなしではなく、必ずメンテしましょう。 ちゃんとメンテすれば、今から建てる家は200年だってもたせられると思います。
また、35年で建て替えが多いのは、どっちかっていうと1960年代とか70年代のライフスタイルと、現在のライフスタイルが異なっているから、 それに合わせて建て替えてるっていう面も大きいです。

Q.集成材と無垢ってそんな違うの?
A.力学的にそれほど差はないという認識です。使いたいほうを使えばいいと思います。

Q.1982の耐震基準変更前の家ってまじで壊れるの?
A.耐震基準変更前というより、その基準に準拠していない(壁量が足らない等)の家は阪神大震災とかで倒壊しまくった事実があります。死にたくな ければ耐震診断及び必要な補強をしてください。ちなみに昔に建てられた大黒柱ドーン!な立派な家でも場所によって倒れまくってます。

Q.でも法隆寺って1300年建ってるし、昔の家は強いんじゃないの?
A.法隆寺は構造的には欠陥建築です。1300年もつだけの強さがあるわけじゃなくて、1300年もたせる価値のある建物だったため、時代時代で メンテナンスされてきたからもったんです。ちなみに著名な神社仏閣の柱も、足元はやっぱ腐るんで、接木したり補強してもたせてます。


ってな感じでした。
耐震基準を作ってるレベルの人だけあって説得力がありまくりましたね。
でも、3時間予定が5時間になったのは・・・長すぎた・・・!

2010年4月22日木曜日

Xperia


Xperiaを買いました。

というわけで軽くレビューでも。
とりあえず使い勝手ですが、すごくいい感じです。
iPhoneとの差は分らないけど、iPod touchとの差とすると、
確実に解像度の差が相当でかい。

動きもサクサクって感じなので、問題ないっすね。

だめなところとしては、まず、バッテリー。通勤中にほぼフルで使うと、一日持つのがやっとって感じ。
倍持って欲しいところですね。下の図の青でドーンっと下がってるところがそうです。
こんな感じでバッテリーの状態を記録できるアプリとかカコヨス

あとは、iPodに比べるとタッチの精度が今一歩かなぁ。
改善されたらいいなぁと思います。


そして、iPhoneに比べて確実にいいんじゃないかと思うのがカメラ。
最初の二枚はFxcameraというアプリで撮影したトイカメラ風の写真。

こんな写真が簡単に撮れるのはすごくいいね。

最後のは、普通に撮った写真なんだけど、半押しが出来たり、露出補正も出来るので、
今までの携帯で一番使い勝手がいいです。
ただ、暗いところだと手振れしやすいかな。




とりあえず一発目レポですた。

2010年2月24日水曜日

Oracle SQL Developer 2.1

すげぇなこれ。

家計簿を作るためにOracleXEを入れて、仕事でも使っているOracle SQL Developerをインストールしたのだけれども、最新版の2.1はすっごいですね。

バックアップどうしよっかなぁーと考えていたんだけど、
なんか、テーブルなどのオブジェクトの定義SQLとかデータをすべてインサート文にしたエクスポートとかが一発で出来るという・・・。

リポジトリなどの機能や単体テスト?まで出来るらしい。
色々試してみる価値はありそうだ。

2010年2月23日火曜日

OracleXEで家計簿


家計簿の目的は家庭のキャッシュフローを把握して、調整することですよね。

ようは入ってくるお金がどこからいくらあって、出て行くお金がどこへいくら出て行っているのか。
それが分れば節約可能なところや、すべきところが分って、結果、貯蓄や資産を増やすことにつながると。

まぁそういったことなんでしょう。

ただ、ノートとかEXCELにイチイチ家計簿をつけるのってメンドクサイよね。
そこでやりたいことを上げてみた。

・入力は、基本的にネットで落とせる預金通帳と、クレジットカードのデータ、給与明細のみ。
・光熱費や通信費などの固定費や、娯楽費、生活費などをカテゴリ分けし、月単位で集計
・年収や税金、社会保険料などがいくら掛かっているか見れる。
・貯蓄目標などに対し、月いくら貯蓄したらよいかがシミュレートできる。

このくらい出来れば十分かと。
なによりこだわりたいのが、一ヶ月~数ヶ月に一回データを取り込めばOKにしたいことと、
その他の計算が出来るだけ自動で行えるようにしたいこと。

そうすれば、「家計簿をつける」ということから開放されて、「節約方法を考える」ことに集中できるはずだ。

そこで、慣れていることもあるんだけど、ツールとしてOracleXEを使うことにしました。
他のDBでもいいと思うし、アクセスとかでも十分出来るんだろうけど、
アクセスとか・・・ない・・・ので。
無料万歳!

んでとりあえず作ってみた。

作ったテーブルは、スクリーンショットのところにある感じ。

ようは、トランザクションデータとして、預金通帳、クレジットカード明細、給与明細を用意して、
それぞれにカテゴリ的なマスタテーブルと期間マスタを用意。
最後に貯蓄シミュレーション用のテーブルを用意して完成。

後はSQLをぶち込めば、上に書いてあったことは全部出来ます。
今のところ特にプログラムもいらなかった。

作ったSQLは適度にVIEWにしたり、メモって置いて保存することで、
データを入力すれば、後は自動的に集計等が行われた状態のデータが閲覧できるという仕掛け。

データの入力は、Oracle SQL Developerがあれば余裕なので、特に画面プログラム等は用意せず。
後はデータをグラフにして可視化したいんだけどな~。
勉強しないと・・・。