2011年4月28日木曜日

自作スピーカー②

Apple Universal dockと一世代前のiPod classicを買いました。
これで一応の完成。







スピーカーユニットのエージングもたぶんある程度進んだと思うので、
まずはそっちのレビューを。



Fostex FE83Enのバスレフ

8cmと小さめのフルレンジだけあって、中高音はキレイに出ます。
紙のコーンらしく、柔らかい音でアコースティックな音源はとても聞きやすいです。
女性ボーカル曲とかも柔らかい感じで聞けるのがよろしい。

でも、エンクロージャが小さく、バックロードホーンとかでもないので、
やっぱり低音はあんまり出ません。
低音の迫力を楽しむ曲だとちょっとイマイチかな。
やっぱりバックロードホーンとか大きなエンクロージャを作ると、
バランスもよくなっていい感じになるんだろうな~。



Fostex FF105WKのバスレフ

まず、FE83Enと比べて解像度が上な感じがします。
センターキャップが金属のせいか、高音がしっかりと分解されていて、
FE83Enのような紙っぽさもないです。
逆に言えば、FE83Enの手作りっぽい柔らかさがなくて、若干硬い音になってます。

エンクロージャが上記のものより大きいことや、
ユニット自体が大きいせいか、FE83Enに比べて低音もある程度出ます。
ちょうどバランスのいい感じ。

FE83Enのほうは聞く曲を選ぶのに対して、こっちは汎用性が高くて
オールジャンルで聞けるスピーカーになりました。


個人的には音はFF105WKのほうが好き。
でもたまにはまったり柔らかいFE83Enでも聞きたいな~っていう感じです。
見た目はFE83Enのほうがずっと可愛いので好きなんですけどねw

自作初心者の人に薦めるとしたら、FEシリーズの音とか見た目に惚れて!という理由でもない限り、
FFシリーズのほうが失敗がなくていいんじゃないかなーと思った感じ。

というわけで、初めての自作でしたが、同じお金を出して市販を買うのに比べても
劣らない音が出て、しかも他の人が持っていないものが出来るのが楽しいですね。
さすがに10万円を超えるような市販スピーカーと比べると、
音の完成度では劣っていると思いますが・・・、愛着も沸くので良い感じ。

なによりも見た目がかわいいのが気に入ってます。

置く場所が出来たらですが、もっと大きいエンクロージャの自作スピーカーを作ってみたいなー。

0 件のコメント: