2011年10月30日日曜日

リフォーム記 解体


10月1日頃から解体が始まり、10月31日に完了しました。家族それぞれ思いいれの深い家なので、写真とかビデオに残したんですが、意外と感慨深く思っているのは俺くらいらしい・・・・w


解体寸前の和室の全景。モノがなくなって非常に広く感じます。襖とかを全て外せば40畳を楽に超える空間になります。壁が少なく、柱で支える日本の伝統工法がよく分る家です。


一気に進展するようですが、ほとんどが土壁なので、ぶっ壊すとこうなります。一気に廃墟染みた感じになりました。


離れは全て更地にし、キッチンなどがあった古い増築部分をどんどんと壊していきます。


建具とかたたみを取っ払った状態。風通し良すぎますね(違
広縁は絨毯だったのですが、除去すると板の間が出てきました。はじめて見た・・・w


さらに床板を外したり、天井も取った状態。瓦も全て外しているので、昼間は意外と明るいです。


解体中の全景


そして、解体が完了した状態


和室だった場所の眺め。ずいぶんとスッキリしました。


取り外した瓦の山。改修後は屋根はガルバリウム合板にするのですが、とあるところに瓦を使う予定なので、残しておいてもらっています。どこに使われるかはお楽しみということで。

生家が解体されてやっぱりちょっと寂しい反面、これからが楽しみだ。

2011年10月24日月曜日

リフォーム記 木材のいろは

2011年9月、ついに家のリフォームが始まりました。
104年ぶりの大々的な増改築。
設計会社の選定からモデルルーム見学に始まり、施工業者を決め、9月8日に着工となる安全祈願祭を行うまで実に2年以上掛かりました。
竣工が2012年9月頃となるので、このプロジェクト全体で3年掛かるということに。

設計は耐震に非常に詳しい方にお願いし、施工は6社のコンペの結果、ある宮大工さんにお願いすることになりました。

そして一昨日、宮大工さんのお誘いで、家の柱などの木材を作っている材木屋に行きました。

材木屋ではこんな杉の丸太を切って柱を作るところを見ました。
リビングに使う現しの柱にするそうです。
自分の家になる木を丸太の状態から加工するところから見て欲しいという宮大工さんのお話でしたが、これは確かに見てるだけでも楽しいし、一生忘れない体験になりました。


プロの技で木を四方から切っていくとこんな柱になります。


まだ乾燥しきっていない木なので、しっとりと冷たい肌触り。
マグロからトロを切り取ったような感覚です。


木目がすごく美しい。節もほとんどなく、良い材木だということがよく分ります。





他の木材(これは桧)もすべて心材というコダワリ。コストを考えると外材の集成材でも仕方がないんじゃないかと思っていましたが、これは本当にうれしかった・・・。


これは宮大工さんが使う定規のようなものだそうです。家の場所場所でこれを一つ一つ作ることで、長さを合わせるんだとか。字がかっこいい!

その他にも釘や金物を出来るだけ使わない技術や、実際に手掛けた物件を見学しました。

うーん、日本の伝統工法ってすげぇ・・・・。

2011年10月10日月曜日

ポケットガイガーKIT

震災からもう半年以上が経ちました。
原発事故での放射能の分布もある程度わかって来ました。

うちは今月生まれる子を含めると3人も幼児がいるので、やっぱり放射線は気になるわけです。

ガイガーカウンター欲しいなーと思っていたんですが、中々安いものがない。
良さそうなものは10万円~くらいのオーダー・・・・。

そこで見つけたのがこれ。

http://www.radiation-watch.org/p/blog-page.html

とても安く手に入るガイガーカウンターです。

簡単な包装できます。


アプリをダウンロードしてドーン!
家だと0.05μSv/h程度でした。



2011年10月9日日曜日

イオンSIM B-mobile ②

はてさて、使用から約一ヶ月が経過しました。
10月からの体制はP703iμ、MEDIAS N-04Cの二台持ち。

P703iμはdocomoの契約を使って、MEDIAS N-04Cはイオンsim。
使用感としては、まず電話はやっぱりガラケーのほうがやりやすいですね。
受話器的な形状してるし、太さ的に持ちやすい。

i-modeメールもP703iμなんだけど、フリック使えるようになると、ボタンいっぱい押すのが若干疲れる・・・w
まぁでも十分な使い勝手。


そして、イオンsimを入れたMEDIAS N-04Cの使用感。

やはり回線は遅いです。


  • twitter(twicca) →若干ロードが遅いけど、問題なく使用できる。ただし画像のUPは厳しい
  • Gmail →重い添付ファイルがなければ問題なし
  • ブラウズ →重い。ただしスマホ用サイトは結構見れる。画像が多いスマホ用サイトは重い。PC用サイトはかなり厳しい
  • アプリ →ダウンロードやアップグレードは厳しい。無線LAN接続時にやってます。
  • GALARY →同期出来ないこともないが、やはりかなり厳しい
総括としては、twitterやSNSなどの巡回と、ニュースサイトをたまに観覧する程度なら何とか使えますが、サクサク感はないです。
ヘビーユーザーや、サクサク使いたいという人には厳しいですが、コスパ重視ならばアリって感じ。
初期手数料3,150円なので、一旦やってみて、耐えられなければ元に戻しても損がないので、気になる人は試してみることを薦めます。


10月からの料金内訳が下記。


docomo

内訳項目 金額(円)
CHARGE BREAKDOWN BY CATEGORY (YEN)
内訳金額(円)AMOUNT(YEN)
請求内訳等詳細
DETAILS OF CHARGE BREAKDOWN
税区分
TAX
◇基本使用料(計)
743
1,483
基本使用料_FOMAタイプシンプルバリュー[月額]

合 算

-740
ファミ割MAX50/ひとりでも割50[月額]
基本使用料1,483円×50%
合 算





◇通話料・通信料(計)
0
100
FOMA通話料(合計)

合 算

(    1,580)
(内訳)ファミリー割引適用分(ドコモ)



(   -1,580)
(内訳)ファミリー割引料(ドコモ)
対象通話1,580円×100%


(     100)
(内訳)通常通話料金適用分



-100
2ヶ月くりこし(無料通話・通信分)適用額
9月分からの繰越額は877円。
合 算





◇その他ご利用料金等(計)
807
300
付加機能使用料(iモード/メール等含む)[月額]

合 算

-150
ISPセット割引料(iモード)[月額]

合 算

300
付加機能使用料(spモード/メール等含む)[月額]

合 算

-150
ISPセット割引料(spモード)[月額]

合 算

200
付加機能使用料(iモード.net)[月額]

合 算

300
付加機能使用料(ケータイ補償300)[月額]

合 算

7
ユニバーサルサービス料/基本[月額]
1番号あたり7円のご請求となります
合 算





◇消費税等相当額(計)
77
77
消費税等相当額(合計)
合算表示の料金合計×5%






◇合計
1,627
1,627
合計



イオンSIM
請求内訳等詳細内訳金額税区分
基本使用料934円課税
消費税46円-
ユニバーサルサービス料7円課税
消費税0円-

合計すると・・・・
1,627(docomo) + 987(イオンsim) = 2,614 - 200(imode.net) = 2,414円

私の場合、月4,874円も削減できました。
一ヶ月で初期手数料回収楽勝って感じ。

この値段でdocomo回線の携帯が2台持ち出来るのはやっぱりすごい。