2011年11月23日水曜日

大宮盆栽美術館



さいたま市にある、大宮盆栽美術館に行ってきました。
美術館がある辺りは、盆栽村と呼ばれ大正の時代から盆栽業者などが集う場所だったようです。

建設当時、展示する盆栽の蒐集のため物凄い金額が使用されたそうで、論議を巻き起こしたことでも有名らしいですね。

私が思うに、盆栽は日本の自然に対する美意識や、華道と共通するような造形、侘び寂び、諸行無常な四季への美意識などの結晶であり、日本を代表する芸術に他ならないでしょう。

樹齢にして数十年から数百年の盆栽を多数見ることが出来るこの美術館は本当にすばらしかった。
時間があるときにでも是非立ち寄るといいと思います。

美術館には盆栽を鑑賞する上でのポイントなども分りやすく解説されていて、盆栽のことを何も知らなくても十分楽しめます。

いくつかご紹介してみます。


まず、根ですが、小さな鉢の中で養分を取るため成長した非常に立派な「根張り」が見られます。
なんとも力強く、まるで大木の根のように美しい姿を見せてくれます。


次に、「神(ジン)」と、「舎利(シャリ)」です。
盆栽の代表格である五葉松や真伯に多く見られるものなのですが、死んでしまった枝や幹に石灰を塗ることで白く染め、生きている黒い幹や枝と美しいコントラストを見せます。生と死が共存する諸行無常な世界観をまさに表現しており、死してなお美しいその姿を保つ「神(ジン)」、「舎利(しゃり)」は見ていて感動を覚えるものすらあります。
この写真なんか、まるで聳える山の峰のような造形ですよね。


また、五葉松や真伯以外の種類の盆栽を「雑木(ゾウキ)」と総称するらしいのですが、小さいながらも大木のように整えられた姿に、花や紅葉をするその移り変わりを見ることが出来るのも見所の一つでしょう。



美術館にはそんな盆栽の中でも思わず見入ってしまうような作品がたくさん展示してありました。
個人的にかなりおススメのスポットです。是非一度お出かけください。

2011年11月18日金曜日

生涯年収



長男が産まれたこともあって、将来その子にどんな人になって欲しいかとか考えるわけです。

大学くらいに思ったのは、将来私の子孫が少しずつでも豊かになったりしていくためには少しでもいいから親を超えることだろうと思ったわけです。そうすれば代を重ねるごとに豊かな人生になっていくという、ごく単純な理論で。

でもそれは当然一筋縄にはいかないわけで。まず、なにをもって親以上とするのかも分らないし、なにかに決めたとしても親という壁は非常に大きいものだったりします。


人生を豊かにするための一要素というか、基礎となるモノとして、お金があります。
豊かさや幸せ=お金ではもちろんないけれど、何だかんだ言って、お金がなければ生活するのは非常に困難ですからね。

で、大卒の男性の生涯年収は2億7590万円ほどらしいです。ここから所得税や住民税や各種社会保険を引くと非常にザックリですが2億円ほどになります。

つまり、平均的な大卒男性が人生で使えるお金はその2億円というわけです。
寿命は80年ほどですので、月に使えるお金は人生を平均して20万円。

人生での世帯平均人数が3~4人として考えると、そのうち一人が仕事をして生活すると考えて贅沢をしなければなんとかなる数字でしょうから、人生で平均的にその平均マンが使い切るお金も2億円と見積もってそれほど問題はなさそうです。

なので、ひとつの基準として息子には現在の貨幣価値で言って、生涯に手取り2億円稼げることを一つの目安としていこうかなと思います。

それ以上または、そのレベルの収入が得られることを仕事にするのであれば、基本的になにをやるのも許してあげたいな。

ま、十分高いハードルかもしれないけど。

2011年11月4日金曜日

arkstrongのミラーレス一眼比較②

前回は2011年11月現在のミラーレス一眼レフの商品を簡単に羅列しました。

そして今回は、ミラーレス一眼レフの比較の仕方を書いてみます。



  1. 撮像素子の大きさ

    撮像素子、つまりフィルムカメラで言うフィルムに当たる部分で、そこに当たった光を記憶する部品です。この大きさはデジタルカメラにとって非常に重要なものです。

    LEICAを除き、ミラーレスの中でもっとも大きいのはSONY NEXシリーズのAPS-C。続いてOLYMPAS PENシリーズ及びPanasonicのGシリーズが採用しているMicro Four Thirds。Nikon 1シリーズのNikon CXフォーマットが続き、Pentax Qはコンデジ程度の大きさになってます。36mmフィルムや、一部のフルサイズ一眼レフなどの大きさと比較した図がこれです。


    かなり大きな違いがあることが分るかと。

    次に、20mmのレンズで撮影した写真でどうなるかを見てみるとこんな感じです。



    仮に全く同じレンズを使った場合、撮像素子サイズが小さいほうが、拡大した画像を得られるという特性があります。(レンズから撮像素子の距離が同じ場合。)

    それとともに、詳しい説明は省きますが、素子サイズが小さいと被写界深度の浅い写真、つまり被写体以外がボケた写真になりにくいという特性があります。

    昨今、デジタル一眼レフで撮ったキレイな写真と言えば被写界深度が浅めで、美しいボケがある写真をイメージする人も多いと思いますが、そういった写真が撮れるということは一つの大きな利点です。

    また、オールドレンズなど、36mmフィルム用のレンズをレンズアダプターを使用して使う場合にも、36mmに近い大きな素子サイズのほうが有利と言えるでしょう。

    そのため、後ろをボカした写真を撮りたいとか、古いレンズで遊んでみたいのであれば、ある程度素子サイズが大きいカメラを購入すると良いと思います。

    個人的には、これがミラーレス一眼レフ選びで最も大きな要素の一つだと思っています。

  2. レンズのラインナップ

    ミラーレス一眼はまだ歴史が浅く、各メーカーともに、レンズのラインナップがまだ揃いきっていませんし、サードパーティー製のレンズも出ていません。
    今後、どんどん色々なレンズがリリースされると思いますが、各メーカーにどのようなレンズがあるのか、よく調べることは非常に重要です。

  3. 操作性・大きさ

    ミラーレス一眼を選ぶ要素で、撮像素子と同様に大きな要素は操作性とカメラの大きさでしょう。例えばSONYのNEXシリーズはオートにした操作感は悪くないですが、マニュアルっぽく撮るには操作性があまりよくないと言うざるを得ません。PENシリーズなどは比較的使い勝手が良かったりした覚えがありますし、タッチパネルに触れるだけでその場所にピントを合わせて撮影してくれるものもあります。(GF3とか。)

    買うときは実際にカメラを小一時間いじってから買うことが重要です。

  4. +α系機能

    最近のミラーレスやコンデジは、様々な+α的機能が搭載されています。Pentax Qなんかは、多彩なアートフィルターが用意されていて、トイデジのような使い方が非常に得意でしょう。SONY NEXで言えば、スイングパノラマや夜景モードが結構優秀です。

    また、動画についても重要な要素だと思います。フルHDでちゃんと撮影出来るのかとかも確認するといいですね。

  5. デザイン

    最後になっていますが、デザインはやっぱり重要ですよね。
    カメラ初心者で機能とかがあまり分らないのであれば、デザインで買っても良いと思います。
    前回羅列した機種はそれぞれ特徴はありますが、買ってはいけないようなものはありませんので。

と、言うわけで2011年11月時点のおススメ機種。

まずはSONY NEX-5N。



APS-Cサイズの大きな素子を使ったNEXシリーズ。とくに5NはフルHD動画にも対応しているので、写真も動画もキレイに撮影出来ます。最近Eマウントに下記のレンズが追加されて俄然NEXシリーズにする利点が出てきたと思います。



E 50mm F1.8 OSS
http://kakaku.com/item/K0000281851/

マニュアルモードの使い勝手はイマイチですが、それでもおススメなカメラです。
フルHD動画が必要なければ、NEX-C3でも良いと思います。

続いて、 PEN Lite E-PL3



デザインが一新されてスタイリッシュになったPEN。ボディ内手振れ補正が付いているので、どのレンズでも手振れ補正が効くところや、フルHD動画が撮影出来る所も良い。操作性も高そうで、とてもバランスが良い機種です。まだ出たばかりで高いけどおススメ。もうちょっと安くなったらかなりアリ。

タッチパネルでの撮影が可能なPEN-P3もいいけども、個人的にはこっちのがいいな。



その他では、Nikon V1はさすがのNikonという感じで、ファインダーがあり操作性もいいのだけれど、小さめな撮像素子とまだ発展途上なレンズラインナップのため、Nikon大好き!とか、デザインが好きという人にだけおススメ。

Pentax Qははっきり言って他のカメラとコンセプトが大幅に違うカメラ。ミラーレス一眼というより、レンズ交換可能なお遊びカメラっていう位置づけ。
トイデジ的な写真が好きでかわいい写真が撮りたいという人にはアリかも・・・。



最後にもう一つおススメはFinePix X100



レンズ交換出来ないですが、このデザイン、質感、操作性と、昔のレンジファインダーカメラを彷彿とさせる出来の良いカメラです。


さてはて、こんな感じでミラーレス一眼は選びましょう。
今回は新機種をどんどん紹介しましたが、ミラーレス一眼は結構新しい機種が出るスパンが短いので、1世代前を安く購入するのも非常に良い選択肢です。


2011年11月3日木曜日

arkstrongのミラーレス一眼比較①

最近、一眼レフやミラーレス一眼といったコンデジよりもグレードの高いカメラを買っている知り合いが多いので、比較するポイントとかをまとめてみようと思います。

まず、今回の記事では、2011年11月現在で選択肢となりそうな商品を並べてみます。


  

http://www.sony.jp/ichigan/index-e.html

まずはSONYの私もNEX-3を持ってるので、NEXシリーズ。撮像素子がミラーレスの中では最大のAPS-C。


  

http://olympuspen.com/jp/

続いてOLYMPUSのPENシリーズ。最初にミラーレス一眼を出したメーカーで、PENというハーフカメラの名機から名前を取っています。



http://panasonic.jp/dc/gf3/index.html

そしてPENシリーズと共通のマウントを持ったPanasonic GF3。レンズがOLYMPUSのPENシリーズと同じものを使いまわせます。


 

http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/

満を持して登場したNikon 1シリーズ。個人的に見た目がかっこいいと思います。



http://www.pentax.jp/japan/products/q/

ちっちゃくてかわいいPENTAX Q。まじちっこい。


  

 その他、候補となりそう(?)なもの。 RICOH GXR。撮像素子+レンズを交換出来る新しい発想のカメラ。新しい撮像素子を買い足していけるので、息が長い。 FUJI X100 レンジファインダーを思わせる見た目と高い操作性を持ったAPS-C撮像素子を備える非レンズ交換式のカメラ。質感含めてすごくいいです。 LEICA M9。すばらしいカメラです。が、値段が高すぎ。お金持ちの方はいいかもしれないです。