2013年5月29日水曜日

ママチャリ考察

ママチャリとは何か。

人類はその答えに未だにたどり着けずにいる。

wikiによれば、シティサイクル (City cycle)の俗称らしいが、そもそもシティサイクルは「主に日常の交通手段及びレジャーに用いる短中距離、低中速走行用自転車」と定義されているそうだ。
これは定義にしてはあまりに曖昧であり、さらにその俗称であるママチャリの定義など言語化不可能としか言いようがないではないか。

しかしながら、日本人の集団的無意識におけるママチャリのideaは比較的コンセンサスが取れたものではないかと私は考える。

要するにアレだ。アレがママチャリです。

では、そんな七面倒くさい話は置いておきまして、数多くの種類がある自転車の中で、ママチャリの利点と欠点を挙げてみることにしましょう。

まず利点です。

ママチャリの利点


  1. スタンドがあり安定した駐車が可能。
  2. カゴがあって買い物等の利便性が高い。
  3. ヘッドチューブがなく乗降しやすい。
  4. 前後泥除けがあり、雨上がりの走行でも汚れない。
  5. ギア系にカバーがあり、裾が汚れないしギアの整備頻度少なくてOK
  6. フレームジオメトリーが緩いため、楽に乗れる
  7. 安い

つまり、ママチャリはお手軽ご近所お買い物自転車として最適化されていることが分かります。
この点については、ロードレーサーやMTBなど、他の車種を大きく上回る利便性があります。

次に欠点。

ママチャリの欠点


  1. 重量が重くて20kg前後であり、遅い
  2. タイヤが太く空気圧が3気圧程度推奨のため、遅い
  3. フレームジオメトリーが緩いため、遅い
  4. 車体の剛性が低くパーツ精度が悪いため、遅く高速安定性がない
  5. ネジ止め部、パーツ干渉が多く、メンテナンス性が悪い。
  6. 遅い

要は、遅いんです。遅いということは、エネルギー効率が悪いことでもあり、フィットネスなどにも向きません。
それに、力のある人が大出力で漕いだとしても、剛性がなくフレームはたわみ、精度の悪さも伴って、40km/h~45km/h程度のスピードでも車体が振動し始め、身の危険を感じます。


では、ママチャリの利点を持ち、エネルギー効率よくキビキビと走れる自転車はないものか?そんな疑問が出てくるでしょう。

私の答えはこうです。

あ、そうだ、余ってるロードをママチャリに改造すればいいんじゃん。

と、いうわけで次回はロードレーサーのママチャリ化に挑戦します。

こうご期待!

web内覧会 納戸

4月1日の大嘘記事から約二ヶ月。満を持しての更新が!

どうにも更新が捗らない理由は、荷物がいろいろと入っていて、なかなかきれいに見せる場所がないというお恥ずかしい話なのです。

でも、家というのはそういったメリハリが大切だと思ってはいます。(言い訳)

今日はその最たる場所である納戸を紹介しようと思います。


うちの納戸ですが、こんな感じで、旧躯体の梁が見える、なかなか味わいのある場所にあって、父からは勿体ない!と言われまくっているたりします。
広さは約2.5畳。


桐ダンスを入れるとこんな感じの広さです。

この納戸、見ての通り縦長のため、スペースの有効活用が中々難しい。
新築する上で完璧に計画された作り付けの棚を作ろうかという考えも少しはあったのですが、他の場所も含め、今後100年を見越したとき、ビルトインされた棚はいつか使い勝手が悪くなる時が来るのではないかという懸念と、既製品に比べて費用が掛かるという点で、非常にシンプルな作りとしました。

とは言え、ちゃんと有効にスペースが活用できるようにどんな家具を入れればいいのかいろいろと考えました。

その結果・・・。

キャスター付きのスチールラックという選択肢にたどり着きました。


しかも、この通りDIYで一部背面をネットで多い、荷物の脱落を防止。
ネットは防風ネットを使い、タイラップで止めています。
防風ネットはホームセンターで切り売りで安く買えます。


まだ乱雑な状態ですが、移動出来るスチールラックを使うことで、このようにスペースを有効活用しています。見通しも良いので、どこに何があるかもすぐわかるのが良いです。

しかも、これだけ置いてもまだラックを置けるスペースが結構あります♪

キャスター付きなので、あまり使わない着物を取り出すときなどは、スチールラックを移動すれば問題ありません。

半年経って、なかなか使い勝手が良くなってきた納戸でした。
家はやはり住んでから完成してくるものですね♪