2013年7月6日土曜日

web内覧会 エクステリア2 裏庭


それでは裏庭に参りましょう。裏庭は以前からお世話になっている庭師さんの息子さんが営んでいる、NOD*GARDENさんにお願いしました。

表庭は庭師の親父さんが、裏庭は息子さんが設計施工を行った合作です。
表庭は純和風。裏庭は和モダンを基調にしていて、雰囲気の違いで中々楽しめます。



まず、この裏庭の最大のフォーカルポイントはこの昔の火鉢を使った水場でしょう。
すっと伸びるヒメトクサが和モダンな雰囲気を作っています。


火鉢側から全体を眺めると、次に目を引くのがこのグランドデッキです。


費用削減とデザインを考えて、あえて斜めにカット。あいた部分は芝生で埋めています。
このグランドデッキ、もちろん地面に木材を敷いたわけではなく、掘ったうえで防草シートを設置し、砂利を敷いて土台を作った上に載っています。そのうえで、地面と高さがあっているため、使い勝手が良いです。


次に家の軒からの写真です。
この軒、実に3m近くの深さがあるテラス的な軒です。
雨の日の物干し場にもなったりいろいろ使っています。


軒には雨どいがないので、表庭同様瓦と砂利で受ける場所を作っているのですが、その間を今回コクリュウで埋め、デッキへの動線にはこのように自然石のピンコロを使った敷石をしています。
なかなかオシャレでお気に入りです。


また、庭のアクセントにこのカレックスという植物を置いてもらってます。枯れているわけではなく、もともとこのような色なんだそうです。


反対側からの眺めはこんな感じになってます。
奥には柿やもみじをはじめ、既存の植物がたくさんあって良い景色を作っています。


また、壁沿いなどに並べているのはマホニアコンフューサという植物。
ちょっと笹っぽい南天系の植物です。これも和っぽい雰囲気があります。

植えて頂いた植物はどれもメンテナンスが楽な良い子たちとのことで、庭掃除も捗りそうです♪


最後に、最近暑いのでコストコで買ってきたミスト発生器を付けてみました。
なかなかいい感じでおススメです。


2013年7月5日金曜日

web内覧会 エクステリア1 表庭



ついに完成した表庭。やはり外観は庭が完成しないと決まりませんね。
門から入って家を正面にした全景です。(晴れたら撮り直そうかな・・・。)


こちらが取り壊し前の家ですが、かなり雰囲気が引き継がれていると思います。


玄関に向かっていくと左右に横道があります。
こちらは、既存の庭に続く道。





こちらは、新しく作った庭へ。



新しく作ったほうの庭は敷石を多用した石庭風に仕上がっております。



昔からあった井戸が中心に据えられていて、震災対策も兼ねて、ガシャポン付きです。



井戸からの水は川となって流れ、目を楽しませてくれます。
また、昔の家で使っていた瓦を使った踏み石で動線を確保しています。



既存の庭についても少々手を入れて、枝垂れ梅のしたに待合となる敷石のスペースを設けました。


待合からはこのように家が望めます。


さらに進んでいくと、瓦で土留めをした道に出ます。鬼瓦を飾りに置くことでアクセントを付けてます。



ぐるりと回って側から見た家です。

リビングに直接上がれるよう、沓脱石が置いてあります。雨どいのない屋根がスッキリとした雰囲気を作ってくれています。



そして、ここが私の一番好きな風景なのですが、もみじと松の緑が美しいスペースです。


最後に家の玄関からのパノラマ。

次回は裏庭にご案内します。

2013年7月4日木曜日

自作マウスバンジー

シビアなゲームをプレイしていたり、急いでPC作業を行っているとき、有線マウスのケーブルが絡まって抵抗になってイライラした経験はありませんか?

最近、そのストレスを解消すべく、マウスバンジーなる商品が出来たようで、ちょっと欲しかったのですが、2,000円~4,000円と、結構高い。

そこで、低クオリティですが、自作に挑戦してみました。

材料は針金ハンガーと、結束線少々。

工具は要りません。
※握力がない方はペンチがあるといいかも?

とりあえず完成品を見てください。





見ての通りに作ってもらえばいいのですが、手順的には、


  1. ハンガーの服を掛ける部分を60°くらいに内側に曲げる
  2. さらに、左右共に真ん中くらいでぐにゃっと内側に曲げる
  3. ハンガーの首の部分をいったん伸ばし、2,3cmくらいのところで180°曲げる
  4. 写真の場所を結束線でつなぐ
  5. 形をそれっぽく整える。
  6. マウスの線を首の曲げたところに通し、適当に2周くらい巻きつける

以上で完成。
針金なので微調整も簡単です。
見た目はかっこよくはないですが、高さなどの調整も超簡単にできるので、役割は十分果たします。

うちは奥まった書斎に設置しているのでこれで十分そうです。
インテリア的にもこだわる方は下記の商品があります。