2017年5月30日火曜日

SONY SS-7010 ULM10 改造



安くてカッコよくて音がいいスピーカーが欲しい。
どうせなら持ってる人が少ないやつが楽しいだろう。

それに、そろそろ今のスピーカーも飽きてきたし新しいのにしよう。

そんな気紛れな動機で考えてみた。

6年前くらいに自作スピーカーを作った。

その時の記事はこちら

それから、数年後、TEACのS-300NEO-SPをアウトレットで買って使っていた。同軸2WAYで非常に評判の良いスピーカーだ。事実、大きさの割に低音もある程度出るし、非常にバランスの良いスピーカーだった。

しかし・・・Fostex FF105WKで作ったバスレフのほうが音が良いと思ってしまった。そして結局戻した経緯がある。

なんで自作のやつのほうが音が良いんだろうか。

S-300NEO-SPは実売35,000円としてはコスパが非常に良いスピーカーだ。特に書斎やPC回りに設置するスピーカーとしては同軸2WAYで同位感も良いので最適解なんだろう。

気が付いたのはスピーカーユニットとエンクロージャーのサイズだ。

Fostex FF105WKのほうがデカい。

スピーカーの性質として大型のほうが低音に強く、小さいほうが高音に強い傾向がある。

よし、おっきいのにしよう。

でも、2WAYとか回路が必要なので作るのメンドイし、フルレンジとか同軸スピーカーの同位感を体験してしまうと抜け出せないので、やっぱフルレンジ一発で低音強化のためにバスレフに使用。

でもエンクロージャー作るのも面倒だな・・・。


ということで!

やってみました。スピーカー改造計画。

まず、ハードオフに行ってジャンクスピーカーを物色。机に乗るギリギリの大きさのエンクロージャーになるものを選びました。

購入したのはSONY SS-7010 ULM10

2,000円。

1973年製ということで私よりも年上のスピーカーさんです。

改造前に聞いてみるとちゃんと鳴るんだけれども、回路が死んでるのだろうか?かなり野暮ったい音で帯域によって抜けがあるような気がする。

修理すればノスタルジックな音の出るスピーカーにはなるだろうが、どちらかというとハイスピードなスピーカーが好きな私には頂けない。

ということで新たな命を吹き込むべくスピーカーユニットを取り外し、ウーハーが付いていた穴(20cmΦほど)にbeyma 8AGN 20cmをぶち込む。

ツイーターが付いていた穴にはバスレフポートをぶち込む。
狭くてはいらなかったのでドリルで削ってぶち込む(笑)

腐りかけていたスピーカーターミナルも交換してやればそれで出来上がり。


費用

SONY SS-7010 ULM10  2,000円
beyma 8AGN 20cm 2個 10,382円
バスレフポート 2個   840円
スピーカーターミナル   1,280円

合計 14,502円

安っ

肝心の音だが、シェイクダウンで色々聞いてみると低音が割れるという不具合が。
でも、1日くらいエイジングしてやっただけで解消。同じ曲を同じ音量で再生しても問題なくなるという・・・。

エイジングって本当に効果あるんだぁ・・・と初めて実感。

特にヴォーカルがキレイに聞こえるスピーカーで、懸念していた重低音ドカドカ的な音では全くなかった。

流用エンクロージャーなので、「設計」されていない割にはとても良い音。
Fostex FF105WKと比べると余裕がある音がする感じ。音のキレ感はFostex FF105WKに軍配が上がる。Fostex FF105WK名機過ぎって感じ。

それでも2万円しないスピーカーとは全くもって思えない佇まいと音を出してくれて大満足。